世界最大の国際見本市から見る世界的ブーム

2020.02.26 Wed

世界最大の国際見本市「アンビエンテ」の展示会に行くと、サステナビリティや自然保護へのムーブメントを感じます。
昨年、一昨年は、ものすごくマイボトルが多く展示されていました。
今年はマイストローやお弁当箱などが多くあり、サステナビリティや自然保護に関するコンセプトが根強いです。

 

ほかには切り絵やモービルなど、一昔前人気を博したものが新しいフォーマットでリメイクされ、会場を賑わせていました。
「ヒット商品やトレンドは、10年後に違った形で進化し、繰り返される」と昔先輩が教えてくれましたが、その通りでした。

それにしても日本人が思いつかないような色の組み合わせは見ていてとても楽しいです。
ベルリンの会社が出している切り絵のカードやモービルのメーカー。
商談をしていても、どこか気持ちが和みます。

ディスプレーもナチュラルなものが好まれています。
ハイテクな方向に行き、やはり自然回帰にシフトバックする。この繰り返しなのかもしれません。

関連記事

  • No Image

    仕事しながら運動できる健康アクティブボード「ジンバ」

    皆さんは1日にどのくらいの時間座っていますか? 事務系の仕事をしている人は、ほとんど椅子に腰掛けていませんか? 世界20カ国で1日に座っている時間を調べたところ…

  • 日本と違う、海外のコロナ事情

    一都三県に緊急事態宣言が出るという状況の中、海外の取引先や友人から聞く海外のコロナ事情は日本とかなり異なります。 ドイツの場合、政府の出す指示が明確です。 『学…

  • 一番思い入れがあるデンマークの寝具

    アペックスを卒業してから振り返った写真のなかで、一番思い入れがあったのがこれらの寝具です。 JETROの短期専門家としてデンマークに派遣されたときに「Jorck…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。