忘れられない「最高の夕食」

2018.10.31 Wed

私が小さかった頃、毎月25日は特別な日でした。
父がお給料をもらってくる『お給料日』だったのです。
当時は銀行振込ではなく現金支給だったので、家族、特に主婦にとって特別な日です。

当時は祖父母と同居をしていましたが、25日は若い夫婦が子どもと一緒に食事に出かける日とされていて、祖父母は食事には来ませんでした。
ですから母もいつもより自由で、嬉しそうにしていた記憶にあります。
まだ4歳、5歳だった私も妹も、25日はとっても豪華な体験ができました。
と言っても、高級なレストランに行くわけではなく、デパート内のレストランで食事していたような気がします。

私は小さな頃偏食で、食べられるものがあまりありませんでした。
そんな私にとって、二つの卵を三角形に切ったハムと一緒に半熟に仕上げたハム&エッグは唯一おいしいと思えた一品です。
そしてハム&エッグの後のソフトクリームほど美味しいものはないと思っていました。

今思い返しても、あのハム&エッグは最高の味で、食後のソフトクリームの特別感も格別。
懐かしく、心温まる特別な思い出です。

関連記事

  • 感動したお葬式の挨拶

    私の所属している国際的な社会奉仕連合団体「ロータリークラブ」のメンバーさんが先月お亡くなりになりました。 あまりに急なお知らせだったので、事務局に電話で確認した…

  • 7月限定の半額セール「PAIKKA」優秀ペットグッズが50%オフ

    フィンランドのペット用品ブランド「PAIKKA」が、2021年7月限定で全品50%オフの半額セールを実施中です! どれも大事なペットに最高の環境を与えられるグッ…

  • 元航空自衛隊から聞いた驚きの〇〇訓練

    以前、ネオくん(5歳)とスカイくん(7歳)と一緒にプールに行きました。 二人ともフロートをつけているので、溺れる危険性はありません。 スイミングスクールに通い始…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。