悲しい決断のお知らせ

2017.11.01 Wed

先日、とっても悲しい決断をしました。
旧軽井沢のテニスコートの前にオープンし、皆さんから期待され応援されてきた大切なお店『リゾートスタイル軽井沢』を今年いっぱいで閉めることにしたのです。

5年前の11月、木枯らしの吹く中、新店舗となりうる物件を探して歩いていた時に出会ったのが、今の店舗でした。
天皇陛下と皇后陛下の世紀のロマンスで有名になったあのテニスコートの目の前の角地にある二階たての建物です。

この写真は2016年の12月、お世話になった皆さんをご招待してお茶会を開いた時のものです。

しかし、プリンスのアウトレットが出来てからは、旧軽井沢の人の流れが駅の反対側に引っ張られる状況になりました。
軽井沢テニスクラブの目の前に本格的なインテリアのお店を開いた時、周りの人々から
「また旧軽井沢の格を上げるためにも、どうか頑張ってください」
と応援されて続けてきました。

この写真は今年の春、お店をオープンした時の写真です。春らしいお花が綺麗です。

営業を続けるうちに、別荘の方々にもやっと認知されはじめ、カーテンのオーダーや、椅子の張り替えなどのお仕事もいただけるようになってきたのですが、今年の4月にまたお店を再オープンする際に、近隣の様子を見て本当にショックを受けました。

今までお隣にあったお人形屋さんが閉店になり、掲げられているのは「空き店舗」という文字。そのまた隣にあった、有名なジャム屋さんも閉店。
そして私たちが色々な意味で頼りにしていたトニーさんと順子さんのお二人も、20年間旧軽井沢で過ごしていましたが、別の地にギャラリー兼ご自宅を建設して引っ越してしまいました。

こちらはトニーさんや順子さん、そしてKIKIさんのこのみさんたちとの集合写真です。

さらに、いつも笑顔で私たちを応援してくれていた時計屋さんにも
「もうそろそろこの歳なので、別のところに店を移動させようかと思っているんです」
と聞かされ、まるで歯が抜けるように今まであったお店がなくなってしまうのを感じ、とても寂しい気持ちになりました。

もちろん夏になれば観光客は来ますし、お盆休みともなれば、毎年ホテルにいらしてくださる常連さんでそれなりにお店も賑わいますが、うちのお店だけでテニスコート通りを牽引していけるほどの力はありません。

昔の良き軽井沢はその姿を消し、新しい時代の軽井沢に生まれ変わって行く中で、今の場所で頑張り続けるのは厳しい、という結論に至りました。


この写真はお店の前で、お友達と一緒に撮った写真です。

たくさんの思い出と思い入れのあったお店なので、寂しい気持ちでいっぱいですが、また別の場所で、いつの日かチャンスがあれば、リゾートスタイルをオープンできたら……。
そう願っています。

関連記事

  • デンマークのアクセサリー「フローラダニカ(Flora Danica)」の魅力

    かつてデンマークのフローラダニカ(Flora Danica)というアクセサリーを扱っていました。 春先に芽が出た柳で形を作り、それを電気分解で銀メッキにしてあり…

  • 靴難民の私を救ってくれたパンプス

    歩くことが多い私にとって、靴は重要なアイテムの一つです。 足に合わないと、靴擦れしたり足首が腫れたりと、色々とトラブルが起きてしまいます。 かといって、フラット…

  • 自分らしいファッションのつくり方

    これまで自分らしいファッションとは無縁の生活を送ってきました。 カナダでの最初の仕事はオフィス機器販売会社の営業で、教育委員会や学校などを回るため、入社した時か…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。