ヨーロッパの花屋に学ぶ、シンプルでかわいいディスプレイ

2017.10.18 Wed

ヨーロッパに行く度に、マーケットやお花やさんの前で立ち止まってしまいます。
お店の装飾は、日本のようにお金をかけたものではないのですが、とってもナチュラルで緑がとびきり美しく見えるのです。

例えばこのディスプレーはその辺にありそうな輸送用の木箱を棚の代わりに使っています。
そして球根を密集して一つ一つの鉢に植えているのがキュート!

ほとんどのヨーロッパ産の一等級の花はオランダの国際花市場経由で航空便で日本に送られてしまうそうです。
したがって、ヨーロッパに残る花は二等級ないし、三等級のものらしいのですが、そんなことはどうでもよくなってしまうくらい可愛らしいチューリップのブーケ。

ブラウンペーパーに無造作に包まれた花束も素敵!
これをこのまま家に持ち帰り、ボリュームがあるので、口の大きな花器にそのままばさっと入れてもさまになります。
日本の場合はお花が高いので、こんなにたくさんのお花はなかなか買えません。
そうなると口の大き目の花器ではなかなか綺麗に生けられませんよね。

この写真の中の鉢は、あえて油紙のように水を通さない紙袋を代用しています。
買って帰ったプラスチック製の鉢を捨てるよりも、こういう紙袋式の鉢も粋なものです。

日本は、とにかく綺麗に美しく、ものをディスプレーすることが優先してしまうので、
「本来の植物の美しさ」が「作られた美しさ」になってしまうことが多々あると感じます。
すでに美しいものは、その美しさを最大限に生かすことが重要なのですね。

関連記事

  • 春におすすめの北欧雑貨3選

    最近、北欧雑貨の人気が高まっています。 北欧は環境意識が高く、家具、雑貨、インテリア全般的に、「木」や「花」などの自然素材がとても多く用いられていて、部屋全体を…

  • スローライフを楽しむカナダ夫婦に学んだこと

    私のカナダの友達Georginaは、夫のBruceとマジシャンの仕事をしています。 知り合った当時は、私の長女が2歳半、彼らの息子が1歳半で、お互いに若くて楽し…

  • 世界各国のコロナ事情

    最近はヨーロッパ内での移動は比較的自由に行えるようになり、あとはその国の規定に則ったルールに従うことになっているようです。 デンマーク政府は2021年9月11日…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。