ユニークな色使いのモルジブ。
国ごとの色彩感覚の違い

2016.09.14 Wed

国によって、色彩感覚というのは、かなり異なるのだな〜と感心させられることがあります。
その一つがモルジブです。

モルジブは、沢山の島から成っていて、One Island One Resortとして成立しています。
つまり一つの島が一つのリゾートで、イタリア系、ロシア系、カナダ系、ドイツ系、タイ系など、いろいろの国の企業がリゾートを運営しています。
 
しかし、モルジブ人が住むローカルアイランドももちろんあって、どこの国に行ってもそうなのですが、その国の人の生活を垣間見るのはとても楽しいので、
毎回モルジブを訪れると、ローカルアイランドツアーに参加するようにしています。
モルジブ人は観光か漁業で生計を立てているイスラム教徒です。
マグロの消費量では確か日本人より上だったと記憶しています。
 
ローカルアイランドに上陸すると、とてもユニークな色使いの建物が目を引きます。
建物にはピンクやイエロー、ライトブルーなど明るい色が塗られ、絵が描かれていることも多々あります。

%e7%84%a1%e9%a1%8c10

どの家の前にも、ネットを鉄のパイプに張ったハンモックのような椅子が並んでいます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c2

そこで夕涼みをするのが風習のようです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c3

また部屋の中に招き入れてもらうと、まるでアリスの不思議な国に迷い込んでしまったかのような配色のインテリアに、驚かされます。
ピンクの壁にブルーのドア。カーテンもカーペットもマッチングピンクで、テーブルは花柄のテーブルクロスで覆われていてます。

このお家は島の中でも上のクラスのお家のようで、リゾートからのお客である私たちのためにアフタヌーンティーを用意してくれています。

%e7%84%a1%e9%a1%8c4

こう言う色彩感覚というのは、一体どこから生まれてくるのでしょうか?
常に生活圏がブルーの海に囲まれているからブルー以外の優しい色合いに惹かれるのでしょうか?
それとも素晴らしい日没の空の変わりゆく色合いに似た色を自分の生活圏に取り入れたいからなのでしょうか?

%e7%84%a1%e9%a1%8c5

刻々と変わっていく空の色。

%e7%84%a1%e9%a1%8c6

関連記事

  • 北欧風のライフスタイルを楽しめるキャンドルの使い方

    自著『デンマークのシンプルで豊かな暮らし』(大和書房)で「デンマーク人が世界で一番キャンドルを消耗する」と書きましたが、北欧に来て 「北欧の人々は明かりや火を生…

  • 2年半ぶりのヨーロッパ出張レポート

    2022年8月、久しぶりに海外出張をしました。 最後にヨーロッパ出張をしたのは2020年3月で、約2年半ぶりです。 今回はスウエーデンのFormexというライフ…

  • アーティチョークの花咲かせレポート

    アーティチョークを育て始めた私。 無事にかなりの数のアーティチョークが実り、ボイル料理をしました。 どんな花が咲くのか見たかったので、いくつか実を残して 「どん…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。