見習いたいものばかり!
デンマークのおしゃれなインテリア

2016.08.20 Sat

北米やオーストラリア、ニュージーランドなどの家々は、どちらかというと土地が広いせいか、住宅は日本よりずっと広々としています。
しかしヨーロッパの都市型住宅、特にコンドミニアムは日本人には親しみやすいサイズ感で、とても居心地の良い造りになっていることが多いのには驚きます。

2LDKくらいの大きさが一般的で、ベッドルームは日本で言うところの6畳から8畳くらいのサイズが多く、リビングダイニングは合わせて10畳から12畳くらいのサイズが多いように思います。
 
下記の2枚の写真は、デンマークのコペンハーゲン近郊のお友達のコンドミニアムですが
築20年の中古を購入したそうですが、リノベーションをしているせいか、とても築20年には見えません。
程よいサイズのバルコニーが素敵です。
そこにあるプランターガーデンで、小松菜や御坊まで作っているのには驚きました。
 
無題1

またヨーロッパのコンドミニアムやアパルトメントは歴史のあるものも多く、エレベーターがないため、
5階や6階まで階段を強いられることもありますが、天井が高くて、細い窓は、とってもロマンチックです。
カーテンも窓のサイズにこだわらないで、天井から床まで垂らすと存在感が増します。
 
無題3
またバルコニーは大きかろうと、小さかろうと、皆さんとってもおしゃれに使っていて、

見習いたいな〜と思うのは、私だけではないようです。
無題0

関連記事

  • No Image

    仕事しながら運動できる健康アクティブボード「ジンバ」

    皆さんは1日にどのくらいの時間座っていますか? 事務系の仕事をしている人は、ほとんど椅子に腰掛けていませんか? 世界20カ国で1日に座っている時間を調べたところ…

  • 日本と違う、海外のコロナ事情

    一都三県に緊急事態宣言が出るという状況の中、海外の取引先や友人から聞く海外のコロナ事情は日本とかなり異なります。 ドイツの場合、政府の出す指示が明確です。 『学…

  • 一番思い入れがあるデンマークの寝具

    アペックスを卒業してから振り返った写真のなかで、一番思い入れがあったのがこれらの寝具です。 JETROの短期専門家としてデンマークに派遣されたときに「Jorck…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。