大けがをしてわかった人の温かみ

2020.10.14 Wed

今年ゴールデンウィーク前に、人生で一番大きな怪我をしました。
左足の骨折、右の顔面打撲と本当にどうにもならない状態でしたが、本当に多くの人に助けられ、感謝することが多々ありました。

長男のお嫁さん・綾子さんは元幼稚園の先生で、とにかく褒め育てが上手です。
毎日、私のほんのちょっとの変化に気付いては
「わ〜すごい、芳子さん動作が先週よりずっと速くなってる!」
「わ〜すごいすごい、芳子さん、傷の治り方が普通の人よりずっと速い!」
「さすがですね、一人でもうこんなことできちゃうんですね、芳子さん」
と、とにかく前向きな言葉で励ましてくれました。
この声掛けがあるだけで、心理的な負担がぐっと和らぐのです。

クリニックの先生はとても厳しかったのですが、理学療法士の矢内さんと中島さんにもたくさん助けられました。
怪我から150日経過する9月20日にリハビリが終了するまで、週2回、本当に丁寧かつ親切なケアしてくださいました。
階段の上り下りや速足での移動にはまだ支障がありますが、
「よくここまで回復しましたね」
と褒めていただきました。

(左から矢内さん、私、中島さん。最後の施術の後に)

パーソナルトレーナーの黒沢さんは、怪我をしてギブスをしている状態の時から
「少しでも動かせるところは動かした方がいいです」
とわざわざ自宅まで訪問してくださり、週1回トレーニングをしてくださいました。
最初はあまりにすごい顔の私を見てかなり驚いていましたし、ほんのちょっとの動きに「痛い!」を連発する私を励ましてくれました。

他にもたくさんの方々が良くしてくださいました。
つらいときこそ、人の温かさを感じるものですね。
無事治療も終わったこれからは、ゆっくりと自分のペースで慣らしていこうと思っています。
皆さん、ありがとうございました!!

関連記事

  • スリランカから輸入した初のヒット商品

    昔の写真を見返して見つけたこのテントこそ、アペックスが『らでぃっしゅぼーや』と取引をするきっかけになったアイテムであり、通販生活でもよく売れた初のヒット商品でし…

  • 思い出の椅子「Howdaseat」のストーリー

    建材以外で初めて扱った雑貨が「Howdaseat」という椅子です。 しっかりとコルセットのように巻きついて保護してくれるおもしろいアイテムです。 今でも市場には…

  • アペックス創業期の思い出

    年末にやっと少し時間ができ、アペックス卒業時に箱詰めしておいたファイルや写真の整理ができました。 写真を見ると、懐かしい思い出が蘇ります。 そんな思い出を写真と…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。