コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

2020.09.16 Wed

今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。
印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入印紙を使います。

ですから、先日ある会社と契約をすることになった時にぽ〜んと『クラウドサイン』なるものがメールで送られてきた時には、驚きました。
クラウドサインとは日本の電子契約サービスで、インターネット上で無料で契約締結ができます。

契約書となると「もし間違えて違うところを押してしまったら、そのまま相手方に行ってしまうのでは?」と不安に思い、スタッフに「一緒に見てくれる?」とダブルチェックしてもらいました。

「捺印箇所には何か貼り付けないといけないの?」
と思いきや、自分で会社名を入力するだけでOK。
サインと書かれた丸の中に印鑑のように会社名が入ります。
それを送信すると、ちゃんと印刷用の契約書がpdfファイルで送られてきて
「なんと便利で簡易的な方法なのだろう!」
と感心しました。

コロナ禍でライフスタイルが変わり、リモートワークも増えました。
日本で長い間使われてきた商習慣にも大きな変革が起こるのだ、と感じた一件です。
もっと便利になるといいですね。

関連記事

  • 取引先から「魔女」と呼ばれて

    会社を卒業し、取引先の方々からお手紙がたくさん届きました。 どれも心打たれるものばかりで、Nさんからの手紙もそうです。 Nさんとは長いこと、組み立て式の木製事務…

  • 社長退任後に届いた手紙

    設立した会社・アペックスの卒業式でビデオレターを上映してもらったのですが、そこに入りきらなかったメッセージを後日いただきました。 アスカのタオルというタオルメー…

  • 感動の卒業パーティーと経営者仲間からの言葉

    10月26日の卒業から約10日後に、アペックスのスタッフ達が素敵な素敵なパーティーを開催してくれました。 今までのアペックスの歴史をまとめたビデオには、寿退社し…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。