カーテンで思いきり遊ぶ!
北欧式インテリア

2015.12.07 Mon

欧米では『ドレープス』という厚手のカーテンの向こうに、薄手のシースルーのカーテンを使用するのが一般的です。
日本でも高級ホテルに宿泊すると、よくみられるタイプです。
遮光カーテンでなければ、厚手といっても、さほど布地は厚くありませんから重圧感は感じないと思います。
 
インテリアになにか季節感をと思ったときに、ソファーやテーブルを簡単に取り替えるわけにもいきませんし、花瓶やテーブルウエアーを変えただけでは大して大きなインパクトはありません。
 
どの部屋にも普通窓はありますし、窓自体は以外に大きなスペースを占めています。
その窓をカバーするのがカーテンです。そのカーテンを2種類用意するだけで、かなりお部屋の雰囲気が変わります。
 
薄手のシースルーのカーテンは通年使えますので、季節の変わり目にお洗濯をすればよいかと思います。
ドレープスのほうは、『春夏』と『秋冬』用に2種類を用意すると随分とお部屋のイメージが変わります。
 
私の家ですと、春夏仕様は、モクレンをモチーフにしたデザイナーズギルドのドレープを使用しています。
やさしいモクレンのイメージに包まれて、とても心が和みます。
 
unnamed
 
秋冬はどちらかというと暖色のほうが、お部屋の雰囲気を明るく温かくしてくれます。
思い切って、マリメッコのようなものをとりいれるのも、楽しいかもしれません。
 
unnamed2
 
大人っぽいデザインのものも、お部屋全体がシャープに見えて、キリッとします。
 
unnamed3
 
日本人は、どちらかというと、無難な色柄のものを取り入れることが多く、
ベージュやブラウン、グレーなどをベースにしたもののほうが安全だと感じている人が多いのですが、
窓を絵画のフレームで、カーテンがそのフレームの中に収まる絵画だと思えば、もっともっと楽しいインテリアが楽しめます。
 
以前にも書きましたが、『北欧に学ぶインテリア』は基本ソファにしてもテーブルにしてもカーペットにしても、
白、ナチュラルです。そこに色、柄はポイントとして使います。
ですので、お部屋の基本が白、ナチュラルであれば、カーテンは思い切り遊び心で選んでも問題はありません。

関連記事

  • 世界最大の国際見本市から見る世界的ブーム

    世界最大の国際見本市「アンビエンテ」の展示会に行くと、サステナビリティや自然保護へのムーブメントを感じます。 昨年、一昨年は、ものすごくマイボトルが多く展示され…

  • プレゼントに迷ったらこれ!私がもらって一番うれしいもの

    私は花が大好きで、庭には常に花があり、毎週金曜日はお花の日と決めています。 花屋さんに旬のお花を適当に持ってきていただいて、金曜日の夕方に自己流で活けるのです。…

  • 日本人の幸福度を下げている2つの理由

    北欧ワークライフデザイナーとして北欧の文化について発信していると、気になるのが日本の幸福度の低さ。 北欧は幸福度ランキングで常にトップなのに、日本は54位。 そ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。