ティーキャンドルで温める!
幸せな気分になれるホットワイン

2015.12.05 Sat

海外の冬場のパーティーなどでよく出てくるのがホットワイン。
アルコールも結構飛んでしまうので、お酒が弱い人でも飲みやすいのが特徴です。
日本で言ったら、卵酒とか甘酒のような位置付けの飲み物です。
 
北米に多いのは、りんごとシナモンと、ほんのちょっとのはちみつなどをいれたものが多く、
パーティーなどのときには、豪快に大きめの鍋に赤ワインを2本ほど入れて、
りんごにシナモンスティックを何本も刺します。
それを3、4個そのなかに浮かべ、レモンピールをデコレーションで入れ、
はちみつなどを加えて甘めにしたものを温めていただきます。
 
パーティーのときなどは、ティーキャンドルでテーブルの上であたためておきます。
部屋中にワインとりんごとシナモンの香りが漂って、とても幸せな気分になります。
 
mulled-wine-scrub
 
それに比べてヨーロッパ、特に北欧に多いのがスパイスが効いた赤ワインです。
 
赤ワイン自体はなにもいれないであたためます。
ワイングラスのなかに、氷砂糖、シナモン、クローブ、ブラックペッパー、八角などをいれたところに
あたたかい赤ワインを注ぐものが多いのですが、ものすごく甘くて、独特のスパイシーな香りです。
 
ちょっと肌寒くなってきたら、試してみていただきたいと思います。
体の芯が温まるありがたい飲み物です。
 
赤ワインが苦手な方は、白ワインでももちろんホットワインが作れます。
ただ、白ワインを使うときには、りんごやシナモンよりも、レモンとはちみつのほうがあいます。
またほんのちょっとのおろし生姜を加えてもよいかと思います。

関連記事

  • ドイツ初のカフェ「Cafe MALDANER」を訪問

    先日のドイツ出張の時、帰りのフライトまで少し時間があり、ドイツの街を歩いていると行列が目に入りました。 古めかしいお店の入り口に10〜15人くらいの人が並んでい…

  • ドイツでおいしいレストランを見つける方法

    最近ドイツではイタリアンフードが人気で、なんとなく入店したらイタリアンレストランだった、ということが多々あります。 でも、せっかくドイツに行ったらドイツ料理を楽…

  • ヨーロッパの展示会に学ぶお花の飾り方

    ヨーロッパの展示会でいつも驚くのが、見事な生花のディスプレーです。 日本の展示会ではそうそう出会えないレベル。 人々が集う場所やホールに、ダイナミックかつ自由に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。