世界最大の国際見本市から見る世界的ブーム

2020.02.26 Wed

世界最大の国際見本市「アンビエンテ」の展示会に行くと、サステナビリティや自然保護へのムーブメントを感じます。
昨年、一昨年は、ものすごくマイボトルが多く展示されていました。
今年はマイストローやお弁当箱などが多くあり、サステナビリティや自然保護に関するコンセプトが根強いです。

 

ほかには切り絵やモービルなど、一昔前人気を博したものが新しいフォーマットでリメイクされ、会場を賑わせていました。
「ヒット商品やトレンドは、10年後に違った形で進化し、繰り返される」と昔先輩が教えてくれましたが、その通りでした。

それにしても日本人が思いつかないような色の組み合わせは見ていてとても楽しいです。
ベルリンの会社が出している切り絵のカードやモービルのメーカー。
商談をしていても、どこか気持ちが和みます。

ディスプレーもナチュラルなものが好まれています。
ハイテクな方向に行き、やはり自然回帰にシフトバックする。この繰り返しなのかもしれません。

関連記事

  • 世界最大の国際見本市から見る世界的ブーム

    世界最大の国際見本市「アンビエンテ」の展示会に行くと、サステナビリティや自然保護へのムーブメントを感じます。 昨年、一昨年は、ものすごくマイボトルが多く展示され…

  • プレゼントに迷ったらこれ!私がもらって一番うれしいもの

    私は花が大好きで、庭には常に花があり、毎週金曜日はお花の日と決めています。 花屋さんに旬のお花を適当に持ってきていただいて、金曜日の夕方に自己流で活けるのです。…

  • 日本人の幸福度を下げている2つの理由

    北欧ワークライフデザイナーとして北欧の文化について発信していると、気になるのが日本の幸福度の低さ。 北欧は幸福度ランキングで常にトップなのに、日本は54位。 そ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。