北欧の定番!山盛りいっぱいのザリガニパーティー

2019.11.02 Sat

北欧ではザリガニパーティーがあります。
8月ごろがピークですが、9月の終わりにスウエーデン大使館で行われたザリガニパーティーに行ってきました。

今までもデンマークで「ロブスター食べる?」と聞かれたことは多々ありました。
カナダなどで食べるロブスターを想像したところ、小さいザリガニがゆで上げられて山盛りになって出てきて、驚いたものです。

ザリガニパーティーでは、子供の誕生会のような帽子をかぶり、エプロンをして、歌を歌ったり、強めのお酒を飲みながら、旬を祝う素敵な時間を共有します。
食と食の間に歌を歌い、その都度乾杯をし、強いお酒を口にします。
時間が進むと同時に出席者はかなりいい気分になり、さらにお酒が進むという感じです。
私はワインより強いお酒が飲めないのでワインでごまかしていました。

ザリガニは大体尻尾から爪の先まで10cmくらいで、食べるというよりは旨味を吸うという感じです。
下手すると口の中が痛くなるくらい爪が尖っていたりします。
卵がたくさん入っているザリガニもいます。

英語だとClay Fishと言うのですが、北米でザリガニを食べた記憶はありません。
どちらかというと、北欧の食文化なのかもしれません。
日本でも「ザリガニを昔よく食べた」という人がいますが、あまりポピュラーな食材ではありませんよね。

この大きな銀のお皿に盛られたザリガニで6人分。いくらでもお代わりできるので、私のテーブルでは3回おかわりをしました。

シンプルな食材ではありますが、旬を祝うという意味ではとっても楽しい集まりでした。

関連記事

  • まるでリゾット!本場スペイン風リゾットの極意

    15年ほど前、スペインに別荘があるデンマーク人の友人からパエリアの作り方を教えてもらいました。 本場スペインの人に教わったレシピだそうで、日本のレストランで口に…

  • 今が旬!ズッキーニの簡単おいしいレシピ2選

    会社のスタッフのご両親が育てたズッキーニをいただきました。 ズッキーニ自体はあまり強い香りや味がありません。 火を通すととても柔らかくなり、マフィンなどの中に入…

  • 元マクロビな私が虜になってしまった禁断のアイス

    私はマクロビオティックセラピストとして4年間、ストイックなマクロビオティックダイエットをしていました。 「6号食」と言われる一番厳しいマクロビオティックダイエッ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。