モロッコ人が愛するあま~いミントティーの作り方

2019.10.23 Wed

モロッコ旅行をしていたとき、一般家庭にお邪魔して、ミントティーの入れ方を見せていただくことになりました。
ミントティーはモロッカンティーとも呼ばれます。

シルバーのトレーに乗せられていたのが、ガラスのティーカップ。
ちょうどエスプレッソコーヒーカップくらいの小ぶりサイズ。
取っ手もついておらず、単純なガラスの小さなコップという感じです。

シルバーのティーポットに入れるのは、緑茶とミントの葉っぱです。
そこに熱湯を注いでからカップに注ぐと、またそれをポットに戻し、またカップに入れ、またポットに戻すということを数回繰り返します。
そうするうちにだんだんとミントの葉が湯にあたり、爽やかな香りを出し始めます。

そしてティーカップの上からミントティーを注ぎ入れ、濃いめの緑色になったお茶に少し泡が立つと飲み頃です。
ここにモロッコ人はかなり多くの白砂糖を入れていただきます。

最初はすごく甘い印象があり、お砂糖を入れないで飲んだのですが、モロッコの乾燥した空気と暑いお天気の中で飲むミントティーには砂糖が合うとわかりました。
モロッコ人が購入するのは、大根のような形をした白砂糖の塊!
それを自宅で細かく割って砂糖入れに保管し、お茶の際に使います。

同じくイスラム教の国、ブルネイ王国にも仕事で行ったことがありますが、ここでもコーヒーに練乳を入れていたのを思い出しました。
お酒が飲めない国はお砂糖が大好きな印象があります。

同行していたモロッコ人の通訳が
「でもね、モロッコ人は白砂糖を取りすぎるため、糖尿病の人が多くて大変なんですよ」
ともらしていました。モロッコ人一人当たりの白砂糖の年間消費量が25〜30kgだと聞き、大変驚きました。
体には気を付けて、健康を害さない範囲で甘いミントティーを楽しみたいです。

関連記事

  • ヨーロッパの展示会に学ぶお花の飾り方

    ヨーロッパの展示会でいつも驚くのが、見事な生花のディスプレーです。 日本の展示会ではそうそう出会えないレベル。 人々が集う場所やホールに、ダイナミックかつ自由に…

  • ワイン発祥の地「ジョージア」の魅惑のワイン

    先週、久しぶりにあった友人が「俺さ、ジョージアにワイナリー買ったから」とのこと。 ワイン醸造8000年の歴史を持つジョージアは、ワイン発祥の地。そこで初めてワイ…

  • プレゼントにおすすめのビスケット「HOKKA」

    今年のお歳暮に知り合いの方から「HOKKA」 という米蜜で作ったビスケットをいただきました。 https://hokka.jp/hokka_biscuits/ …

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。