秋になると思い出す祖母の後ろ姿

2019.10.05 Sat

秋の思い出といえば、祖母が柿をむいている後姿が思い浮かびます。

小さかった頃、大きい柿の木があるご近所の方が毎年渋柿をたくさん持ってきてくれたのです。
祖母は大きな袋から一つずつ柿を取り出して丁寧に拭き、陽の暖かい縁側に座って一生懸命むいていました。
生米の中に入れて10日ほど経つと、渋かった柿がとっても甘くなります。
とても美味しくなり、まるで魔法のようでした。

焼酎を吹きかけて置いておくと、こちらもまた渋みが取れて美味しいのです。
ただ、熟すのをかなり待った覚えがあります。
柿の中はゼリー状になって、トロンとしてとても柔らかくなっていました。

それ以外の柿は一つづつ軒下に下げ、干し柿にしていました。
手間のかかる作業でしたが、祖母は根気よく干し柿作りをしていました。

先日いつも行くりんご園に行った時に、りんご園の方が一生懸命に干し柿を作っていて、とても懐かしい気持ちになりました。

関連記事

  • まるでリゾット!本場スペイン風リゾットの極意

    15年ほど前、スペインに別荘があるデンマーク人の友人からパエリアの作り方を教えてもらいました。 本場スペインの人に教わったレシピだそうで、日本のレストランで口に…

  • 今が旬!ズッキーニの簡単おいしいレシピ2選

    会社のスタッフのご両親が育てたズッキーニをいただきました。 ズッキーニ自体はあまり強い香りや味がありません。 火を通すととても柔らかくなり、マフィンなどの中に入…

  • 元マクロビな私が虜になってしまった禁断のアイス

    私はマクロビオティックセラピストとして4年間、ストイックなマクロビオティックダイエットをしていました。 「6号食」と言われる一番厳しいマクロビオティックダイエッ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。