手間なく美しく!生活空間を豊かにする「生き物」

2015.11.28 Sat

今年の春、ある展示会で、恋に落ちてしまったbrio。 可愛らしいお魚が、美しくライトアップされた水槽の中を泳ぎ、その横には、緑の木々が水栽培用プランターにアレンジされています。

瞬間的に、『欲しい!』と思った一品で、その場で購入手続きを済ませてしまったくらいです。 購入時にある程度、このシステムがどういうものかは、説明してもらったのですが、私の頭の中に残ったのは、『手間がかからない』ということと、『美しい』という2つのキーワードだけでした。

アクアポニックス紹介記事へのリンク

実際には、植物は魚の水槽から送られてくる栄養豊富な水によって、育つ為、土も使用しません。 もし実際に組み立ててみて、良いと実感できたら、癒しのインテリアということで、皆さんに勧めたいと思いました。

まず最初に、キャビネットが送られてきて、その後数日して植物が届きます。 最後にお魚と水槽に入れる植物が届くので、ある意味楽しみながら組み立てができました。 タイマーは、夜7時から11時までライトアップするようにセッティングしました。

今では、来る人来る人が口々に、「いいですね〜、癒しですね〜。」「見ていて飽きないですね〜」と言ってくださいます。 私自身、居間に設置したのですが、今では本当に毎日家に帰って、ゆったりとする時間にライトアップされる水槽の中の魚達を見るのが楽しみです。

brio

brio

『生き物』をインテリアのアイテムとして取り入れることは植物一つとってもわかるように、生活空間を豊かにしてくれます。 私が唯一しなくてはならないことは、毎日お魚に餌をあげるということです。 ぜひ皆さんにもご紹介したいインテリアアイテムです。

関連記事

  • 2021年は『幸せ元年』

    昨年は私にとって激動の一年でした。 4月には左足を骨折して車椅子生活を強いられ、そこからのリハビリにはとても多くの時間と努力を要しました。 人の助けがないと成り…

  • 携帯電話を家に忘れた!

    先日、いつもより早い時間の新幹線に乗るために家を急いで飛び出したら、駅に向かう車中で携帯電話を忘れてきたことに気づきました。 とはいえ、家まで引き返したら、新幹…

  • センスのある暮らしを提案する「デザイナーズギルド」

    先日、今年で50周年を迎えたデザイナーズギルドのデザイン発表会がオンラインで開催されました。 デザイナーズギルドは、ロンドンのキングスロードとメリルボーンハイス…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。