生まれて初めてのパンク対応

2019.07.20 Sat

車運転歴はかなり長い私ですが、生まれて初めてタイヤがパンクしました。

バイパスを運転しているとき、いつもは感じない振動に『あれ??』と思い、しばらく運転していると、私の後方を走っていた車との車間距離がどんどん離れていくのがバックミラーで見えました。

走行するうちに振動はどんどん大きくなり、道路の凹凸を感じるように。
そのとき、「あ!これは間違いなくパンクだ!」と思いました。

とはいえ、バイパスです。
どこにでも車を止めるというわけにも行かず、結局バイパスから通常の道への降り口までゆっくりと運転するしかありませんでした。

ディーラーに連絡したのですが、生憎の月曜日。定休日でした。
でも担当の方が電話に出てくれて、レッカー車の手配、レンタカーの手配をしてくれたのでとても助かりました。

それでも待ち時間は約1時間あり、心細い気持ちで待ちました。

カナダではスペアタイヤを持つのが常識でした。
当時は下手をしたらずっと誰もきてくれないかもしれず、自分でタイヤ交換できるようにしていたことを思い出しました。

今日パンクをしたときに、サービスセンターの人に
「スペアタイヤはないですよね?」
と聞かれてトランクの中を一応確認しましたが、スペアタイヤは通常入っていない仕様でした。
改めて、時代の変化を感じた出来事でした。

関連記事

  • 取引先から「魔女」と呼ばれて

    会社を卒業し、取引先の方々からお手紙がたくさん届きました。 どれも心打たれるものばかりで、Nさんからの手紙もそうです。 Nさんとは長いこと、組み立て式の木製事務…

  • 社長退任後に届いた手紙

    設立した会社・アペックスの卒業式でビデオレターを上映してもらったのですが、そこに入りきらなかったメッセージを後日いただきました。 アスカのタオルというタオルメー…

  • 感動の卒業パーティーと経営者仲間からの言葉

    10月26日の卒業から約10日後に、アペックスのスタッフ達が素敵な素敵なパーティーを開催してくれました。 今までのアペックスの歴史をまとめたビデオには、寿退社し…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。