バイクの仕事で生まれた出会い

2019.06.21 Fri

以前にもバイクの仕事をしていた話をブログに書きましたが、私自身は全くバイクに興味がありません。
ただ、バイクのお仕事をさせていただいたおかげで、国内外のバイクのイベントにずいぶん行かせてもらいました。
島田紳助さんとか岩城滉一さんがいつもレース場にいた時代です。
バイクウイークの取材ではデイトナにも行きました。

主にご一緒させていただいたのは、川崎のチームの方々。
様々なサーキットの仕事をご一緒させていただきました。

この写真に写っているのは多田さんと私。
おそらく筑波かどこかでご一緒した時のワンシーンだと思います。

なんと先日、多田さんから突然のメールが。
群馬の警察署のイベントに招待され、群馬にいる私のことを思い出し、探してくれたそうです。

「芳子さん、覚えている?一緒に仕事をさせてもらった、多田です」
「もちろん覚えていますよ!あれって何年前でしたっけ?」
「う〜ん、かれこれ20年前です」

私の中では15年前のように思っていましたが、20年も昔と聞いてかなり驚きました。

ほんの1時間ほどしかお会いできませんでしたが、会わなかった間の出来事を話し、懐かしいひと時を過ごせました。
今でもバイクのチームを作り、頑張ってレースに出ておられる多田さん。
これからも頑張ってください!!

関連記事

  • 家で「何もしない」をしてわかったこと

    普段からじっとしているのが苦手で、自分自身を『まぐろ族』と例えるくらい、常に何かしていないと気が済まない性格です。 カレンダーは常に3ヶ月先くらいまで色々な予定…

  • 片目だけで生活してわかったこと

    怪我をして動けなり、いろいろな気づきがありました。 犬の散歩中に転んで顔面をかなり強打したため、額はフランケンシュタインのように腫れ上がり、MRI撮影をしてくれ…

  • 松葉杖をついて痛感したこと

    今回の怪我で、生まれて初めて松葉杖、そして車椅子を体験しました。 右顔面を強く打ち、右目が腫れ上がって見えないうえに、右手も酷く打って紫色に。 整形外科ではMR…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。