ブルーカラーライダーに出会った時の心得とは

2018.09.12 Wed
アメリカ バイク ライダー 仕事

アメリカが誇るバイクの祭典・デイトナバイクウイークの取材のために、シアトルからカメラクルーを調達し、デイトナのバイクウイークの取材に回ったのは、ずいぶん前のことです。場所はフロリダ。

開催期間は3月の第1週。
何万台の、または何十万台のバイクライダーが集まるのかわかりませんが、デイトナビーチは熱くなりました。

ものすごい数のバイクのライダーがアメリカ全土から集まるこの大会で、ホワイトカラーライダーとブルーカラーライダーがいることを学びました。

髪の毛を長くして、髭を生やし、強面でバイクに乗っている人たちがブルーカラーライダー。
ピーターフォンダの有名作・映画『イージーライダー』といえば、ハーレーに乗った強面のお兄さんたちの物語で、まさにブルーカラーです。

綺麗に髪を切り込んだ、見た目が精悍なライダーをホワイトカラーライダー。
いつもは弁護士や会計士をしていて、単純にバイク好きな人たちを指すそうです。

特に注意をするようにと言われたのが、ブルーカラーライダーと彼らが連れている筋金入りの彼女たち。
年齢もかなり上で、肝が座っていて、刺青もあちこちにある。
そのおばさんたちにカメラを向けると、下手したら噛みつかれることもありましたし、とても映像には収められないような瞬間もありました。
「ホテルのエレベーターで一緒になっても目を合わせないように」と言われました。

いろいろな仕事の中でも、怖かったけれど、ある意味、ドキドキした仕事。それがデイトナバイクウイークでした。

関連記事

  • 人から憧れられる「モンブラン×星の王子様」のボールペン

    私は昔からあまりブランド物には興味がありません。 仕事ではたくさんのブランドものを扱っていますが、ブランドものだからと購入したことはありません。 私自身が個人的…

  • 留学先で生まれた一生モノの出会い

    私の娘にナオミという日本名をつけたのは、カナダに留学したときにお世話になった日本女性です。 彼女の洗礼名がナオミでした。 私はなるべく日本人がいない地域に行きた…

  • 4家族だけで150人!驚きのマサイ族文化に触れて

    ケニアのナイロビからセスナに乗ってアンボサリというところまで行くと、多くのマサイ族が住んでいます。 マサイ族は「勇敢な戦士」と呼ばれますが、実際にマサイ族の村を…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。