ブルーカラーライダーに出会った時の心得とは

2018.09.12 Wed

アメリカが誇るバイクの祭典・デイトナバイクウイークの取材のために、シアトルからカメラクルーを調達し、デイトナのバイクウイークの取材に回ったのは、ずいぶん前のことです。場所はフロリダ。

開催期間は3月の第1週。
何万台の、または何十万台のバイクライダーが集まるのかわかりませんが、デイトナビーチは熱くなりました。

ものすごい数のバイクのライダーがアメリカ全土から集まるこの大会で、ホワイトカラーライダーとブルーカラーライダーがいることを学びました。

髪の毛を長くして、髭を生やし、強面でバイクに乗っている人たちがブルーカラーライダー。
ピーターフォンダの有名作・映画『イージーライダー』といえば、ハーレーに乗った強面のお兄さんたちの物語で、まさにブルーカラーです。

綺麗に髪を切り込んだ、見た目が精悍なライダーをホワイトカラーライダー。
いつもは弁護士や会計士をしていて、単純にバイク好きな人たちを指すそうです。

特に注意をするようにと言われたのが、ブルーカラーライダーと彼らが連れている筋金入りの彼女たち。
年齢もかなり上で、肝が座っていて、刺青もあちこちにある。
そのおばさんたちにカメラを向けると、下手したら噛みつかれることもありましたし、とても映像には収められないような瞬間もありました。
「ホテルのエレベーターで一緒になっても目を合わせないように」と言われました。

いろいろな仕事の中でも、怖かったけれど、ある意味、ドキドキした仕事。それがデイトナバイクウイークでした。

関連記事

  • 各国のコロナに対する反応が変わった件

    2月まで、デンマークの取引先は 「コロナは中国とかアジアの問題で、我々は大丈夫」 と全く気にしない様子でしたが、先日は 「人口の割に、ものすごく早く感染が広がっ…

  • 4月7日発売の『ミセス』取材で実感したすごさ

    先日、代々木上原のスタジオで4月7日発売の『ミセス』の取材がありました。 5月号なので「春らしい服装で」というリクエストがあり、思い切り春らしいお色でまとめてみ…

  • 意外と気がつかないストレスの兆候とは

    「体と心の関連性」については以前から興味があり、ときおり記事や書籍を読んできました。 ところが自分のことになると、勉強していても心の変化に気がつかないものです。…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。