会社が30周年を迎えて思うこと

2018.04.25 Wed
30周年 アペックス ターニングポイント パーティー ヒュッゲ 会社 感謝 歴史 節目 起業

起業してから30年、節目の年を迎えました。
以前に会社でパーティーを盛大にしたのは、20周年の時。
それから10年。あっという間でした。

約100人の方々と、心が温かくなるヒュッゲな時間を過ごすことができました。

起業する前からお世話になっていた税理士の先生は、私の会社の歴史を思い起こし、その3つのターニングポイントについてお話しくださいました。

また20年前にアペックスの担当をしてくれていた銀行マンの方は、
「まさかこんなに会社が大きくなるとは思いませんでした」
と述べ、さらに当時の私の一生懸命さについて
「融資を受ける交渉をした時に、ビューエルさんは『私自身を担保にしてください』とおっしゃいました。それに対して、『生物は当行では担保にとれませんが、ここまで一生懸命ならきっと成功するでしょう!支店長決裁で融資しましょう!』とお答えし、融資が決まったのです」
というエピソードで説明してくださいました。

3人の子供がまだ本当に小さかった頃を知っている取引先の方々は、現在の取締役である長女、そしてゲストとして参加していた長男を見て「感慨深い」とおっしゃっていました。

一緒に物作りをしてきたパートナー企業の社長さんは、一緒にテレビショッピングを企画したエピソードを話してくださいました。売れすぎて商品が足りなくなり、航空便で商品を輸入しなくてはならなかったことなど、懐かしい気持ちで聞いていました。

そしてデンマークから参加してくれた企業の方もいて、
「デンマークでは7年友達だと、もう家族と同じだとデンマークでは言います」
と、とっても素敵なスピーチをしてくださいました。

あっという間のような気もしたのですが、こういうゲストの方々のお話に耳を傾ける中で、たくさんの思い出が走馬灯のように蘇り、心が温かくなりました。
とにかく感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  • 人から憧れられる「モンブラン×星の王子様」のボールペン

    私は昔からあまりブランド物には興味がありません。 仕事ではたくさんのブランドものを扱っていますが、ブランドものだからと購入したことはありません。 私自身が個人的…

  • 留学先で生まれた一生モノの出会い

    私の娘にナオミという日本名をつけたのは、カナダに留学したときにお世話になった日本女性です。 彼女の洗礼名がナオミでした。 私はなるべく日本人がいない地域に行きた…

  • 4家族だけで150人!驚きのマサイ族文化に触れて

    ケニアのナイロビからセスナに乗ってアンボサリというところまで行くと、多くのマサイ族が住んでいます。 マサイ族は「勇敢な戦士」と呼ばれますが、実際にマサイ族の村を…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。