オランダ人の気質から学んだこと

2018.03.02 Fri

オランダに初めて行ったのは、もうかれこれ20年以上も前のことです。ある日本のソフトウエアーの会社がオランダのソフトウエアーの会社からライセンスを受け、最新のソフトウエアーを国内で販売するというプロジェクトがきっかけでした。

相手の会社はオランダのユトレクトというところにありました。アムステルダムから高速に乗り、車で約30分の距離にある中核都市です。この会社の従業員は、皆IQがとびきり高い人ばかりを寄せ集めた会社で、非常にユニークでした。

社長はユダヤ人で、奥さんと私が同じ年。奥さんは医者の資格を取っている最中でしたが、プライベートの時間も一緒に色々なことをしました。
そして、その社長の家には19歳のマレーシア人の女の子が住み込んでいました。
オランダでは香港やタイ、マレーシアから多くのベビーシッターを受け入れています。ベビーシッターは10代後半の女の子ですが、しっかりとしたルールに則って管理されていました。
当時3人分の子育てに追われていた私は
「こういう住み込みのベビーシッターがいたら、どれだけ働くママが救われるだろう」
と思いました。

オランダ人はヨーロッパの中でも背が高いことで有名ですが、倹約家でもあり、彼らのお昼などは非常に質素です。
滅多に外食はしませんし、節約意識が高いのです。
そんな彼らですが、世界のどこかに困った人がいるなら、募金をするのは当たり前。
普段の倹約家としてのお金の使い方からは想像できないくらい気前よく募金します。

アンネの日記でも有名なオランダ。
そんなオランダ人の気質に尊敬の念が絶えません。

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。