週末の夜をやさしくあたたかく彩るヒュッゲなアイテム

2017.10.21 Sat

HYGGE(ヒュッゲ)な生活のキーアイテムはキャンドル。
キャンドルの灯りは、優しく温かい黄金色の光を放ち、その場をとても居心地の良いものにしてくれます。

日本人にとっての身近なキャンドルというと、お仏壇のロウソク、または神棚のロウソクかもしれません。

そして若い世代の日本人が取り入れているキャンドルといえば、アロマキャンドル。
ラベンダー、ミントなどの香りでリラックスというのが一般的かもしれません。

キャンドルライトで食事をするとか、日常的にキャンドルを使うという人はあまりいないでしょう。

ではヒュッゲを楽しむデンマーク人にとって、どれくらいキャンドルが身近なものなのでしょうか?
『The little book of HYGGE(Meik Wiking著)』の中にはデンマーク建築研究所が行なったリサーチによれば、デンマーク人に
「あなたはどれくらい頻繁にキャンドルに火を灯しますか?」
という質問したところ、28%のデンマーク人は、『毎日』と答え、23%のデンマーク人が週に4〜6日と答えました。
ということは、50%以上のデンマーク人がほぼ毎日キャンドルに火を灯すということ。
さらに、31%の人が、6本以上のキャンドルを灯すと答えています。

日本人は「火事にならないか?」などとリスクを心配しますが、デンマークでは日常的に用いられているアイテム。
週末の夕べなど、キャンドルに火を灯して、ゆっくりとその光を楽しみながら、お食事をしてはいかがでしょうか?雨降りの夜もあたたかい気持ちになりますよ。

関連記事

  • 世界最大の国際見本市から見る世界的ブーム

    世界最大の国際見本市「アンビエンテ」の展示会に行くと、サステナビリティや自然保護へのムーブメントを感じます。 昨年、一昨年は、ものすごくマイボトルが多く展示され…

  • プレゼントに迷ったらこれ!私がもらって一番うれしいもの

    私は花が大好きで、庭には常に花があり、毎週金曜日はお花の日と決めています。 花屋さんに旬のお花を適当に持ってきていただいて、金曜日の夕方に自己流で活けるのです。…

  • 日本人の幸福度を下げている2つの理由

    北欧ワークライフデザイナーとして北欧の文化について発信していると、気になるのが日本の幸福度の低さ。 北欧は幸福度ランキングで常にトップなのに、日本は54位。 そ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。