【花のある暮らし】芍薬が届けてくれる「和」のエッセンス

2017.07.26 Wed

芍薬は、私が大好きな花の一つ。
庭にはピンクの大輪が咲き乱れるのですが、あっという間に枯れてしまうのが切ないもの。
大体3日から5日くらいで枯れてしまうのです。

芍薬の花言葉は、『恥じらい』、『慎ましやか』、『謙遜』、『内気』。
確かに花びらは薄く、とても繊細です。
そして強靭な花というよりは、とても繊細な印象を受けます。

でも、花の大きさは、ボタン科とは思えないほど大きくて立派!
どこかで『自分』というものをしっかりと持っているような、そんな気がする花です。

私は毎週金曜日をお花の日と決めているくらい、花が好きです。
そんな“お花愛好家”の私の『和』を象徴する花といえば、芍薬!
その遺伝子が自分自身の中にも流れているような気がするのです。

みなさんもぜひ自分のライフスタイルに花を取り入れて、自分らしいエッセンスをプラスしてくれそうなお気に入りの花を見つけてはいかがでしょうか?
きっと毎日がより彩り豊かになりますよ。

関連記事

  • 【お知らせ】インテリアショップ「アルトスター」サイトリニューアル

    本日9月8日(火)に、インテリアショップ「アルトスター」のサイトをリニューアルしました。 アルトスターでは、幸福感を高める心地良い空間を作れるように、世界のライ…

  • 自粛期間、私たちが大切にするべきこと

    昨年出版した『FIKA世界一幸せな北欧の休み方・働き方』(キラジェンヌ)の中でも、 「働き方を考えるのであれば、休み方について考えなければならない」 と述べさせ…

  • 庭先でのヒュッゲなひととき

    庭の手入れを時々してくださる根岸さんご夫妻がいらしたので、夕方庭を見ながらお二人と立ち話をしていました。 すると綺麗なブルーのオナガドリがジューンベリーの木に来…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。