【花のある暮らし】芍薬が届けてくれる「和」のエッセンス

2017.07.26 Wed

芍薬は、私が大好きな花の一つ。
庭にはピンクの大輪が咲き乱れるのですが、あっという間に枯れてしまうのが切ないもの。
大体3日から5日くらいで枯れてしまうのです。

芍薬の花言葉は、『恥じらい』、『慎ましやか』、『謙遜』、『内気』。
確かに花びらは薄く、とても繊細です。
そして強靭な花というよりは、とても繊細な印象を受けます。

でも、花の大きさは、ボタン科とは思えないほど大きくて立派!
どこかで『自分』というものをしっかりと持っているような、そんな気がする花です。

私は毎週金曜日をお花の日と決めているくらい、花が好きです。
そんな“お花愛好家”の私の『和』を象徴する花といえば、芍薬!
その遺伝子が自分自身の中にも流れているような気がするのです。

みなさんもぜひ自分のライフスタイルに花を取り入れて、自分らしいエッセンスをプラスしてくれそうなお気に入りの花を見つけてはいかがでしょうか?
きっと毎日がより彩り豊かになりますよ。

関連記事

  • 2021年は『幸せ元年』

    昨年は私にとって激動の一年でした。 4月には左足を骨折して車椅子生活を強いられ、そこからのリハビリにはとても多くの時間と努力を要しました。 人の助けがないと成り…

  • 携帯電話を家に忘れた!

    先日、いつもより早い時間の新幹線に乗るために家を急いで飛び出したら、駅に向かう車中で携帯電話を忘れてきたことに気づきました。 とはいえ、家まで引き返したら、新幹…

  • センスのある暮らしを提案する「デザイナーズギルド」

    先日、今年で50周年を迎えたデザイナーズギルドのデザイン発表会がオンラインで開催されました。 デザイナーズギルドは、ロンドンのキングスロードとメリルボーンハイス…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。