日本とデンマークの国交150周年を迎えて思うこと

2017.06.17 Sat
150周年 デンマーク 国交 大使館 女王陛下 安倍首相 日本 歴史 皇太子 長い

2017年は、デンマークと日本の国交150周年を迎える年です。

先日デンマーク大使館での女王陛下のお誕生日を祝う会に参加した時、デンマーク大使がこうおっしゃいました。

 

「日本とデンマークの国交が今年で150年を迎えます。女王陛下は今年で77歳を迎えられ、150年に及ぶ日本とデンマークの歴史の半分を生きていらっしゃる。日本とデンマークの国交がそれだけ続いていると思うと、長い歴史を感じます」

 

今年はデンマークの皇太子ご夫妻が日本にいらっしゃいます。

そして安倍首相がデンマークを訪れる予定になっているそうです。

 

今から150年前と言ったら、大政奉還の時代。

明治時代より前、まだ薩長同盟が行われています。

 

そんな昔に日本とデンマークの間に国交があったというのは、驚きに加えて、ロマンすら感じます。

当時は帆船を使って海を航海していたと思いますが、昔の人々の生命力の強さ、そして新しいものへの強い好奇心に敬服します。

 

2017年4月18日、デンマーク大使ご夫妻を囲んで。

関連記事

  • 本物に触れることは、感性を磨くこと

    私が仕事に200%の勢いで向き合っていたころ、 「そろそろ娘には美しいものや素敵なものをたくさん見せていこうと思うの。そうしないと、いくら口で言っても理解できな…

  • 歳を重ねても健康体でいるための心がけ

    よく幼稚園や小学校の運動会で、お父さんたちが子供と一緒に障害物競走などに参加した際、転んで鼻血を出すなんてことがあります。 私も、一生懸命に走るお父さんの足が絡…

  • 子ども時代に置き忘れてしまった「幸福の種」

    先日車を運転していた際、ふと目の横をかすめた看板に 『砂場ごっこ』 という文字がありました。 運転をしていたので二度見はできませんでしたが、「砂場」「ごっこ」と…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。