日本とデンマークの国交150周年を迎えて思うこと

2017.06.17 Sat
150周年 デンマーク 国交 大使館 女王陛下 安倍首相 日本 歴史 皇太子 長い

2017年は、デンマークと日本の国交150周年を迎える年です。

先日デンマーク大使館での女王陛下のお誕生日を祝う会に参加した時、デンマーク大使がこうおっしゃいました。

 

「日本とデンマークの国交が今年で150年を迎えます。女王陛下は今年で77歳を迎えられ、150年に及ぶ日本とデンマークの歴史の半分を生きていらっしゃる。日本とデンマークの国交がそれだけ続いていると思うと、長い歴史を感じます」

 

今年はデンマークの皇太子ご夫妻が日本にいらっしゃいます。

そして安倍首相がデンマークを訪れる予定になっているそうです。

 

今から150年前と言ったら、大政奉還の時代。

明治時代より前、まだ薩長同盟が行われています。

 

そんな昔に日本とデンマークの間に国交があったというのは、驚きに加えて、ロマンすら感じます。

当時は帆船を使って海を航海していたと思いますが、昔の人々の生命力の強さ、そして新しいものへの強い好奇心に敬服します。

 

2017年4月18日、デンマーク大使ご夫妻を囲んで。

関連記事

  • 一人前の経営者になるための試練

    起業したての頃は色々な勉強会に顔を出して、先輩方には経営上の問題点やら、税理士の先生などには資金繰りや銀行との対応など教えていただいたり、同期の経営者の人たちと…

  • 願いをかなえてくれる「見えない魔法の杖」

    子供の頃、うちの長男は欲しいおもちゃがあると、おもちゃ売り場に寝転んで大泣きをしてでも欲しいおもちゃを手に入れようとしました。 あまりに恥ずかしくて、長男の欲求…

  • なくてはならない仕事の必需品

    ある朝、会社で仕事の準備をしている時に、ふと手が止まりました。 新しく素敵な電卓を常に机の上に置いているものの、私が本当に使うのは、古い古いCASIOの電卓 D…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。