仕事への姿勢に気付きをくれたダイビング仲間からのアドバイス

2017.04.22 Sat

私にはダイビング仲間が何人かいます。
機材のメンテナンスをしてもらったり、時々ツアーに誘ってもらったり……
かけがえのない存在です。

ダイビングの約束をしていたある日、直前になってとても体調が悪くなり、不安になって仲間に電話を入れました。
私はその日仕事をしていたのですが、少し話をしたところで、
「ねえ、芳子さん。体調が悪いのに、何で仕事をしているんですか?今日は週末ですよ。週末は体を休める日ですよ!」
と、言われました。

私は昔から常に「予定通りこなすこと」が自分の仕事だと思っていました。
よく言えば、義務感の塊。
悪く言えば、仕事バカです。

彼に
「週末は体を休める日ですよ!」
と言われて、改めて、
「ああ、そうか〜」
と納得。

何も無理して週末まで仕事を入れることないんだった。。。
と思いました。

また別の日。
仕事が立て込んでいて、ダイビングに行けないかもしれないと思い連絡を入れました。
すると、
「芳子さん、ダイビングは楽しむためにするんで、もっとリラックスして考えてくれればいいんですよ」
「仕事が終われば参加でいいし、終わらなかったら、次回があるでしょう?心配しなくていいから」
と言われました。

その瞬間も、
「ああ、そうか〜」
と納得。
「色々なことが立て込んでいるからと、全てをプレッシャーに思う必要はないんだ」
と気付きました。

人間の思考回路は別の刺激が入らないと変わることがありません。
私のような義務感の強い人間には、その都度こうしたアドバイスをくれる仲間が必要だと思う今日この頃です。

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。