あなたをお料理上手に見せる♪ ローストビーフを美味しくするグレイビーソースの作り方

2017.01.07 Sat
インスタントコーヒー オリーブオイル グレイビーソース ペッパー マッシュルーム レシピ ローストチキン ローストビーフ ローストポーク 料理

和食中心の日本の家庭では、
「イマイチ食卓がパッとしない」
「写真映えするような食卓にしたい」
などと悩む方が多いようです。

pak65_tenchijintonikuryourisu20130825_tp_v

海外の食卓で、特別なお料理の時に重要視されるのが、グレイビーソース
つまりメインのお料理にかけるソースのことです。
グレイビーソースをかけるだけで、一気に見た目が華やかになり、まるで映画の食事シーンのように仕上がります!
ぜひこの機会に知っていただきたい便利なソースですので、今回はグレイビーソースについてご紹介しますね。

 
グレイビーソースは、メイン料理の肉汁や脂分をベースに作るソースです。
メインがローストチキンの時もあれば、ローストビーフやローストポークの時もあります。
またお魚料理、例えばサーモンとかタラなどもメインになりうる食材ですね。
これらをオーブンやフライパンで焼いた時にでる汁を使って作ります。
 
日本で普段手に入りやすい食材といえば、一口大に切った唐揚げ用のチキンや生姜焼き用の豚肉など。
もちろん、こうした鳥肉や豚肉からでもグレイビーソースは作れます!

【グレイビーソースのレシピ】 
1、フライパンにオリーブオイルを入れ、そこにニンニク片を加えます。
2、メインのお肉を入れ、火が通ったらお肉はフライパンから出します。
3、フライパンに残った肉汁・オリーブオイル・ニンニク片に、にスライスした玉ねぎ、細切りにしたピーマン、そしてお好みで、椎茸のみじん切りを加えて炒めます。
※お野菜のみじん切りの代わりに、マッシュルームだけを入れたり、逆に何も入れず、スパイスだけで作っても大丈夫。
4、塩、胡椒を少し多めに加えて味を整えます。
5、そこに薄力粉を解いたお水を加え、加熱します。
6、隠し味として、醤油をちょっと加え、食材に応じて、日本酒、赤ワイン、白ワインなどを加えて仕上げます。
 
0107-0  
そうするとトロッとした美味しそうなグレイビーソースが出来上がります。
この写真はわざとソースを作る際に、野菜を入れずに、ブラックペッパーとホワイトペッパーを加えて作った、ペッパーソースです。
これも立派なグレイビーソースです。
 
ポイントは、お皿にお肉、茹で野菜、ジャガイモまたはご飯などを綺麗に盛り付けておいて、食べる直前にこのグレイビーソースをかけていただくこと。
たいていの人がとても喜びますし、お料理上手だとお褒めの言葉をいただくこと間違いなしです!
 
 0107-1
これはチキンソテー。ソースの中にマッシュルームを入れて牛乳と白ワインで味を整えたグレイビーソースです
 
0107
こちらはお友達の家でご馳走になった牛ヒレのソテーですが、驚いたのが、レタスを焼いたものが添えられているだけで、グレイビーソースは濃厚な肉汁だけ!
これはこれでとても味わい深かったです。
聞いたところ、隠し味にインスタントコーヒーがソースの中に加えてあるとのこと
 
工夫して、ぜひあなただけしか作れないソースを作ってみてください。
ローストビーフにかけて出すと、ごちそう感がグンと上がりますよ。
グレイビーソースは、あなたをお料理上手にしてくれる魔法のソースです!

関連記事

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。