こんなことってある?!
トルコからやってきた知らないおじさんとの不思議な交流

2016.10.19 Wed

取引先の担当と待ち合わせをするために浜松町の駅前にあるタリーズの外席でマンゴフラペチーノを飲んでいた時に、
ニコニコ笑った外国人のおじさんが、まるで私と待ち合わせでもしていたかのように、ごく自然に私の横に座って、しゃべり始めました。

そのおじさん曰く、イギリスはロンドンでトルコ料理のレストランを2つ経営していて、トルコにもホテルやレストランをしているとのこと。
あまり上手ではない英語で、一生懸命に話をするので、つい聞き入ってしまいました。
 
そのおじさんは、一人で日本に三週間の休暇で来たけれど、一人ぼっちで、英語を喋る人もいなくて、寂しいとのこと。
日本人は、皆恥ずかしがり屋さんで、なかなか話ができないと嘆いていました。
 
私と一緒にいたスタッフは、途中まで私が待っていた仕事の相手だと思っていたというくらいそのおじさんは自然でした。
私に自分のトルコのレストランとホテルのカタログを出して、絶対にトルコに来るように、来たら無料で泊めてあげるから、と一生懸命に話してくれました。
地中海に面したリゾート地で、ヨーロッパの人がたくさんいく場所らしいというのは、後にネット検索でわかりました。
 
それにしてもなぜ歩いていたおじさんが、ふと、私の横に座って、話をして言ったのか、狐につままれたような気がしました。
しかもタリーズの外部席は満席で、どのテーブルにも人が座っていたから不思議です。
 
15分ほど話をしたでしょうか?
取引先の担当が来たので、そのおじさんに別れを告げて席を立ちました。
 
最後に握手をして別れたのですが、うちのスタッフ曰く、「ビューエルさんは人を迎え入れる暖かいオーラを出していて、きっとあのおじさん、それがわかったんだと思います。」と、よくわからないことを言っていましたが、なんとも不思議なひと時でした。
 
%e7%84%a1%e9%a1%8c

 
おじさんが持っているというトルコのEnviebeachのレストランの写真。

%e7%84%a1%e9%a1%8c2
おじさんのレストラン自慢のケバブ。

関連記事

  • 10月26日で、創業したアペックスを卒業します

    秋になると涼しくなり、ちょっと寂しい気持ちになります。 株式会社アペックスを起業してからの32年間、立派な会社に育て、そこで働く人々の幸せを願って頑張ってきまし…

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。