豊かな生活のコツは、幸せの○○を集めること

2016.09.28 Wed

私がいちばん好きな時間。
それは早朝、少し陽の光が強くなってカーテン越しに部屋を照らし始めた頃、うとうととしながら、半分別世界に身を置きつつ、半分は眠りの中から引き戻される五感を感じる時間。
 
いつも忙しくて、時間に追われている私にとって、たまにしか訪れないチャンス。
だからこそとてもとても愛しい時間。
 
春先や秋には窓をほんのちょっと開けて寝るようにします。
そうすると、朝、うとうとしながらも、爽やかな外の風を鼻に感じます。

そしてカーテンがその風にそよそよと揺らされる音が耳に届きます
眩しいと感じながら、ちょっとだけ目を開けては、また光の当たらない方に寝返って、うとうと。

こうした幸せの瞬間を寄せ集めていくと、自分がとても豊かな生活を送っていることに気づきます。

11390551_1630385760511801_1143213012158056958_n

関連記事

  • コロナ禍で長年続いた紙文化の終わりを感じた話

    今まで本当に多くの契約書を交わしてきましたが、日本はほぼ100%紙でした。 印鑑を押して契約書を二部作り、双方で一部づつ保管するというもので、場合によっては収入…

  • 脳のアンチエイジングに何より大切なことは?

    大好きな思い出の映画は、イギリスの『小さな恋のメロディー』。 マークレスターとの可愛らしい恋の物語です。 ジャックワイルドがとても良い味を醸し出していました。 …

  • 2か月の怪我生活で身についた新しい習慣

    4月に左足の骨折と右の顔面打撲という大けがをし、日常生活もままならなくなりましたが、車椅子、松葉杖、クラッチと少しづつ回復。 8月5日に怪我してから初の都内出張…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。