モルディブで体験した、素敵なビーチピクニック

2016.08.03 Wed

モルディブは確かにリゾートという意味で素晴らしいところですが、現地の人たちの想像力の豊かさといういう意味でも本当にびっくりさせられたことがあります。
 
エクスプローラーという船での3泊4日の旅に出た際、最後の夜のプログラムにビーチピクニックと書いてありました。
さすがに3日間ゆらゆらと24時間船に揺られていると、陸に上りたいと思い始めるものです。
 
モルディブ人が身につけるサロン(腰の周りに巻きつける)が支給されるので、それを身につけて、スピードボートでビーチまで。
 
unnamed
 
広いビーチの上に木の枝が並べて植えてあって、「ここが入り口です!」と。
そこをわざわざ通ってピクニックの会場に。
まずは冷たいウェルカムドリンクが待っています。
そこでしばし立ち話。
そうこうするうちにだんだんと日が陰っていきます。
 
unnamed2
そして通されるのが、砂を掘って作り上げた、テーブル席。
そっと座らないと、砂が崩れ落ちてきますが、それがまた楽しいんです。
 
このテーブルと椅子は砂を掘り起こして、そこに布を引いただけのもの。
ひんやりとした砂が気持ちよくて、話も盛り上がります。
とはいえ、砂を掘り起こして、形を作るのも、一苦労。
その上に布を引いて、こんな素敵なテーブルセッティングまでしてくれるのですから、感激です。
 
unnamed3
 
そして宴もたけなわになると、暗闇の中から、ドラムが聞こえてきます。

船のスタッフたちが、私たちに気付かれないように、静かにボートで反対側のビーチから上陸。
 
列になってドラムを鳴らして歌を歌って、一人、また一人と踊りだします。
上手も下手もなくて、とにかく楽しく踊れたらそれでいいというのがモルディブ風。
 
当然のことながら、私たちも見ているだけでは終わらず、ハイピッチのリズムの中、見よう見まねで踊ります。
一つ一つに心と手間のかかったとっても素敵なビーチピクニックには感動します。
 
unnamed4

関連記事

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

  • 北欧旅行で心奪われたヒュッゲなお茶会

    コロナの感染状況の悪化から、Go to travelやGo to eatのキャンペーンに制限が出てきた三連休は、机周りの大掃除に専念しました。 机周りの大掃除に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。