「海」「砂浜」「空」・・・
飽きることなく自然を満喫できるモルディブ

2016.06.29 Wed

私が愛してやまない国、それはモルディブです。
最初にモルディブを訪れたのが2008年のこと。
 
見たこともないほど澄み切った海、白い砂浜、1日になんども変わる空の色。
とにかく飽きることなく自然を満喫することができるのが、モルディブ。
 
One island one resortつまり、一つの島が一つのリゾート。
島の大きさも様々で、小さいところになると、一周するのに歩いて二十分くらいというリゾートもあります。
大きなところでも、だいたい各部屋に備え付けの自転車で移動できる範囲内。
 
unnamed
(夕日が沈む時は、その刻々と変わる空の色を楽しむ素敵な時間)

イスラム教圏ではあるものの、リゾートではアルコールは許されています。
働いているのは、インド人、モルディブ人、スリランカ人、タイ人など、国際色豊かです。
スパも充実していますし、ダイビングも最新の機材を取り揃えているので、安心です。

unnamed4

(魚釣りに行こうと誘われて、初めての釣り糸をリールに巻きつけただけの釣り糸でフィッシング!)

ドーニというモルディブ独特の船で、魚釣りをしたり、ダイビングをしたり、イルカを見に出かけたりと、

とにかく日本人の私からしてみたら、非日常がいっぱい。
テレビは部屋に備え付けてありますが、まず一度もつけることがありません。
 
自然の良さを凝縮した場所。
それがモルディブ。

unnamed5

(毎朝朝食になると、ゲストから魚を分けてもらいたくてやってくる鳥。どの島でも名前をつけて呼んでいます。ちなみにこの子はBob)
 

関連記事

  • 東京から約1時間!美しく荘厳な「高崎白衣大観音」

    改めまして、新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。 2023年も北欧文化、そしてwell-being について衣食住学遊の側面…

  • オーストラリアの「やさしさ」を感じる風景

    先月、おそらく6年ぶりにオーストラリアへ行きました。 初めてジェトロの輸入専門家として派遣されて訪れた時から、この地の不思議な魅力に魅せられて、今回は家族と一緒…

  • 初めてのお一人様ツアー体験レポート

    昔から海外に行く時は、いつもお世話になっているトラベルエージェントでエアーチケットをとってもらい、ホテルは自分で手配し、行先のチケットも全て自分でとってから出か…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。