「海」「砂浜」「空」・・・
飽きることなく自然を満喫できるモルディブ

2016.06.29 Wed

私が愛してやまない国、それはモルディブです。
最初にモルディブを訪れたのが2008年のこと。
 
見たこともないほど澄み切った海、白い砂浜、1日になんども変わる空の色。
とにかく飽きることなく自然を満喫することができるのが、モルディブ。
 
One island one resortつまり、一つの島が一つのリゾート。
島の大きさも様々で、小さいところになると、一周するのに歩いて二十分くらいというリゾートもあります。
大きなところでも、だいたい各部屋に備え付けの自転車で移動できる範囲内。
 
unnamed
(夕日が沈む時は、その刻々と変わる空の色を楽しむ素敵な時間)

イスラム教圏ではあるものの、リゾートではアルコールは許されています。
働いているのは、インド人、モルディブ人、スリランカ人、タイ人など、国際色豊かです。
スパも充実していますし、ダイビングも最新の機材を取り揃えているので、安心です。

unnamed4

(魚釣りに行こうと誘われて、初めての釣り糸をリールに巻きつけただけの釣り糸でフィッシング!)

ドーニというモルディブ独特の船で、魚釣りをしたり、ダイビングをしたり、イルカを見に出かけたりと、

とにかく日本人の私からしてみたら、非日常がいっぱい。
テレビは部屋に備え付けてありますが、まず一度もつけることがありません。
 
自然の良さを凝縮した場所。
それがモルディブ。

unnamed5

(毎朝朝食になると、ゲストから魚を分けてもらいたくてやってくる鳥。どの島でも名前をつけて呼んでいます。ちなみにこの子はBob)
 

関連記事

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

  • 北欧旅行で心奪われたヒュッゲなお茶会

    コロナの感染状況の悪化から、Go to travelやGo to eatのキャンペーンに制限が出てきた三連休は、机周りの大掃除に専念しました。 机周りの大掃除に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。