無知だからできた!?荒れたモルディブの海での挑戦

2016.03.30 Wed

ニューカレドニアでの経験以降、帰国してすぐに本格的にダイビングの練習をスタートしました。
タイミング的には、11月、冬に向かって、温水プールと伊豆でのドライスーツでのダイビングレッスンでした
今考えたら、本当に、『無知だからできた』ということになるのですが、モルディブに初めて行った時、まだダイバーとしては初級クラスの20数本の経験値でした。
 
これでドリフトダイビングのモルディブに挑戦。
しかも雨季で海がかなり荒れている状況でした。
 
モルディブはどちらかというと、リゾートの中でも高いと言われるOne resort one islandです。
一つの島が一つのリゾートで、イタリア系、ドイツ系と、運営している国によって、特色が違います。
 
私たちが最初に選んだのがココパーム ボドゥヒティでした。
選んだ理由として、モルディブ特集の本の表紙に出ていたからでした。

モルディブ

海に飛び込むと、あまりの波の高さに、一緒に海にとびこんだ人たちが見えなくて、経験値の浅いダイバーとしては、ちょっとドキドキの経験でした。
 
でも、一旦頭を水の中に入れて、潜っていくと、海の中はとても平穏で、なんて素敵な海なんだろうと感動すること然り。
透明度も高くて、30メートルから50メートル先まで綺麗に見えます。
巨大なナポレオンが、平然と私たちの横を泳いでいく姿には、感動を覚えました。

unnamed

ダイビングを終えると、もう一つの楽しみがスパだということを学びました。

 
モルディブ自体はイスラム教ですが、リゾートではお酒が許されています。
ですので、お食事はイスラム圏にいるという感じはしませんでした。
 
ダイビングをしない人は、昼間ひたすら日光浴。
読書をしながらゆったりと時間を過ごします。
 
いつもなにかしていないとダメな私。
夫に言われました。
「ねえ、なにもしないで、のんびりと時間を過ごせないの?」
 
いままで貧乏暇なしと言ってきましたが、それは言い訳で、私自身にとって、もっとゆったりと時間を過ごすことがとても重要なことだとここで改めて感じました。

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • 貴重で美しい!フィンランドの雪景色

    寒い寒いフィンランドの友達から、朝のフィンランドの様子が送られてきました。 キレイに晴れていて、とても貴重なフィンランドの雪景色です。 というのも、フィンランド…

  • はじめてのみかん狩りレポート

    昨年、2度に渡る左足の骨折を経験しました。 1度目は左足の脛(すね)、2度目は左足の下駄骨折です。 今も普通に歩いているように見えるものの、その後遺症はまだ残っ…

  • キャンプ場の奥にある素敵なコッテージ

    *こちらの記事は数ヶ月前に執筆したものです。当時群馬県では緊急事態宣言は解除されておりましたが、他県の情勢を考慮して公開を控えておりました。 先日、スタッフと一…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。