無知だからできた!?荒れたモルディブの海での挑戦

2016.03.30 Wed

ニューカレドニアでの経験以降、帰国してすぐに本格的にダイビングの練習をスタートしました。
タイミング的には、11月、冬に向かって、温水プールと伊豆でのドライスーツでのダイビングレッスンでした
今考えたら、本当に、『無知だからできた』ということになるのですが、モルディブに初めて行った時、まだダイバーとしては初級クラスの20数本の経験値でした。
 
これでドリフトダイビングのモルディブに挑戦。
しかも雨季で海がかなり荒れている状況でした。
 
モルディブはどちらかというと、リゾートの中でも高いと言われるOne resort one islandです。
一つの島が一つのリゾートで、イタリア系、ドイツ系と、運営している国によって、特色が違います。
 
私たちが最初に選んだのがココパーム ボドゥヒティでした。
選んだ理由として、モルディブ特集の本の表紙に出ていたからでした。

モルディブ

海に飛び込むと、あまりの波の高さに、一緒に海にとびこんだ人たちが見えなくて、経験値の浅いダイバーとしては、ちょっとドキドキの経験でした。
 
でも、一旦頭を水の中に入れて、潜っていくと、海の中はとても平穏で、なんて素敵な海なんだろうと感動すること然り。
透明度も高くて、30メートルから50メートル先まで綺麗に見えます。
巨大なナポレオンが、平然と私たちの横を泳いでいく姿には、感動を覚えました。

unnamed

ダイビングを終えると、もう一つの楽しみがスパだということを学びました。

 
モルディブ自体はイスラム教ですが、リゾートではお酒が許されています。
ですので、お食事はイスラム圏にいるという感じはしませんでした。
 
ダイビングをしない人は、昼間ひたすら日光浴。
読書をしながらゆったりと時間を過ごします。
 
いつもなにかしていないとダメな私。
夫に言われました。
「ねえ、なにもしないで、のんびりと時間を過ごせないの?」
 
いままで貧乏暇なしと言ってきましたが、それは言い訳で、私自身にとって、もっとゆったりと時間を過ごすことがとても重要なことだとここで改めて感じました。

関連記事

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

  • 北欧旅行で心奪われたヒュッゲなお茶会

    コロナの感染状況の悪化から、Go to travelやGo to eatのキャンペーンに制限が出てきた三連休は、机周りの大掃除に専念しました。 机周りの大掃除に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。