幻の豪華列車『或る列車』の乗車レポート

2023.08.23 Wed

いつの日か乗ってみたいと思っていた豪華列車。
特に『ななつ星』は憧れですが、金額もさることながら、なかなか予定が合わず諦めていました。

今回は湯布院から長崎まで『或る列車』(本当の名前です)に乗ることになり、湯布院のホームで『或る列車』を待っていると、なんとそこに『ななつ星』が入ってきました。
濃い小豆色の列車の内部には木製の建具がふんだんに使われているのが外から伺えます。

以前アフリカでブルートレインに乗った時、オリエント急行の姉妹列車だと聞いて感激しましたが、こちらも風情があります。
日本ならではの装飾、そして乗務員の方々の制服も素敵です。

私が乗った『或る列車』は1906年に九州鉄道がアメリカのブリル社に発注したものの、九州鉄道がその後国有化されたために活躍しないままになっていたものを現在の形に復元した「幻の豪華列車」です。
たった2両の豪華列車で、その内部は和の装飾を生かしたデザインになっています。

中央のキッチンで全てのお食事が用意されます。

1号車と2号車の連結通路。

ドアもとてもユニークです。

トイレの中の装飾も珍しいのでワンショット!

次回は『ななつ星』に乗ってみたいと思いました。

『或る列車』公式サイト▼
https://www.jrkyushu-aruressha.jp/

関連記事

  • 北欧流・長期休暇のすすめ

    昨日デンマークの友人から、お休みに入ると連絡がありました。 三月から四月にかけてモルディブに行くとのこと。羨ましいお話です。 友人は会社経営者で自由にお休みを取…

  • 贅沢な船旅「ガンツウ」のお食事

    先日行ってきた『ガンツウ』の船旅については、公式HPで 【建築家・堀部安嗣氏のデザインによる太陽や海の色を映し出すシルバー色の船体の中には、わずか19室の全室テ…

  • 船内で和菓子を振る舞う『ガンツウ』の船旅

    親友の昭子さんとの記念旅行に選んだ『ガンツウ』乗船。 忘れられないとても素晴らしい旅行となりました。 日没には、瀬戸内海の島々のシルエットが美しく浮かび上がりま…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。