80歳は若い?Well-beingを叶えるポジティブなマインドセット

2022.08.23 Tue

私が尊敬してやまないアメリカ人のラリー・ギャレット(Larry Garret)さんは、シカゴで50年近く催眠療法士として活動している男性です。
定期的にセミナーやワークショップやGarrett Hypnosis and Wellness Centerなども開催しており、今年もNGHのコンベンションで登壇するということで、非常にアクティブな80歳!

ラリーさんは、いつもこう言います。
「I am 80 years young!(私は80歳で若い!)」
普通の80歳であれば「I am 80 yeras old」と言うところを、young!

定期的にポジティブにいるためのマインドの持ち方について発信しているラリーさんは、徹底的にマインドセットしています。
先日、久しぶりにZoomでお話したら、
「ネガティブなことを多くインプットすると、未来のことを考えたときに、そのネガティブなエネルギーが心配事として頭に浮かび、不安や恐れを増長してしまう。結果的に自分自身に悪影響を及ぼすから、ネガティブなことから自分自身を切り離す努力がとても重要だ」
と言っていました。

雨の日でも、彼はいつも笑顔で
「今日はなんて素晴らしい日なんだ!みんな元気?」
と話し始めます。そして
「『あ〜あ、外は雨だし、薄暗い・・・なんて憂鬱な朝なんだ。』と最初から今日1日をネガティブな言葉でスタートする人がいるだろう。でも考えてごらん!今こうして元気にここにいられることがミラクルなんだ」
と続けるのです。

満足した生活を送ることができている幸福な状態を意味するWell-being について私も発信していますが、マインドセットはとても重要です。
自身のWell-beingを良い方向に持っていくには、自分自身のマインドの持ち方をポジティブにするといいでしょう。

ラリーさんのプロフィールページはこちら

 

関連記事

  • 日本人の幸福度を上げるちょっと意外な行動

    みなさんは、過去1ヶ月間に慈善団体に寄付をしましたか? 私は以前から、支援できる範囲で寄付をするように努力をしています。 そのひとつ、「ワールドビジョン」は世界…

  • 強烈な苦手意識を一瞬で乗り越える方法

    みなさんは、自分に根付いた苦手意識を乗り越える方法を知っていますか? 以前、それを体感する出来事があったのでシェアします。 ■ 小さな頃に両親、特に母が口にする…

  • 2023年を心地よくするヒントは『フォトン』

    心地よく生きるのはとても大切です。 いろいろと根拠はありますが、興味深い理由のひとつが『フォトン』によるもの。 みなさんは、『フォトン』とか、『エバネッセントフ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。