美しい朝焼けに感動。一番恋しい海外旅行「プリンスエドワード島」

2022.04.23 Sat

ゴールデンウィーク目前ですが、相変わらず海外に気楽に遊びに行ける状態ではない今日この頃。
昨日もフィンランドの友達から連絡があり、日本に来る予定を秋にずらしたそうです。
「フィンランド航空はロシアの上空を飛んで日本まで来られるから『近くて安い北欧便』と思っていたのに、今はロシア上空を避けて飛ぶから日本まで13時間もかかるようになってしまったし、航空運賃も今までの倍以上になった」
と聞きました。

6月に開催されるドイツの展示会に誘われたのでフライトの確認したところ、やはり皆ロシア上空を避けてアラスカの方を回るか、またはタイのバンコクやドーハ経由で行く長いフライトしかなく、しかもかなり高額でした。

なかなか海外に行けなくなってから、よく友達と
「自由に気軽に海外旅行ができるようになったらどこに行きたいか?」
と話します。

私がどうしても行きたいのがプリンスエドワード島。カナダの赤毛のアンで有名な大西洋側の小島です。


数年前に訪れたのですが、あまりに美しい自然、そして美味しい水に美味しいロブスターに魅了されました。
美しい朝焼けも記憶に残っています。

赤毛のアンのストーリーを思い起こしながら、レンタカーを借りてのんびりと過ごしたプリンスエドワード島の旅。
今一番恋しい海外旅行です。

 

関連記事

  • 東京から約1時間!美しく荘厳な「高崎白衣大観音」

    改めまして、新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。 2023年も北欧文化、そしてwell-being について衣食住学遊の側面…

  • オーストラリアの「やさしさ」を感じる風景

    先月、おそらく6年ぶりにオーストラリアへ行きました。 初めてジェトロの輸入専門家として派遣されて訪れた時から、この地の不思議な魅力に魅せられて、今回は家族と一緒…

  • 初めてのお一人様ツアー体験レポート

    昔から海外に行く時は、いつもお世話になっているトラベルエージェントでエアーチケットをとってもらい、ホテルは自分で手配し、行先のチケットも全て自分でとってから出か…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。