「人生を変える人」とはどんな人か?

2022.01.28 Fri

長年の友人であるLennart Larsen氏と出会ったのは、1998年のこと。
ジェトロの輸入専門家としてデンマークに行った時、ヨーロッパ第4位の規模の老舗寝具メーカーで社長を務めていました。

デンマークのヒュッゲの精神を一番間近で体感させてくれたのもLennart氏です。
休日は自宅に呼んでくれて、奥様や家族と一緒にベリーピッキングをしたり、庭が面している大きな池を小さなボートでゆっくりと回ったりしました。
本当に素敵なゆったりとした休日です。

仕事終わりに海岸線を走っている時は、彼の行きつけのフィッシュハウスに立ち寄ってビールやフィッシュケーキを買いました。
そして防波堤に腰掛けて、夕日が沈むのを見ながらフィッシュケーキを片手にビールを飲むのです。
本当に贅沢な時間でした。

そんな彼は、除夜の鐘が鳴る頃に必ず電話をくれます。
話をするうちに1月1日を迎え、新年を祝い合うのです。
去年の大晦日は10時半くらいに疲れて眠ってしまったのですが、12時ちょうどくらいに電話の音が鳴りました。
もちろんLennart氏です。

Lennart氏は、奥様が2年前に他界してから引退してTuno島に引っ越し、ほとんどコペンハーゲンには出ていません。
それでも今は前向きに考えられるようになってきたという話や、私と一緒にたくさんの寝具を日本で販売できたのはとても素晴らしい思い出だという話、日本にきた回数を日数で通算すると1年になるという話などをして、懐かしさでいっぱいになりました。

人生の中では、何人か自分の人生を大きく変えるきっかけになる人がいます。
私にとっては、Lennart氏が間違いなくその一人です。
素敵な友人を持つことは大きな財産だと改めて感じました。

 

関連記事

  • 初めてのお一人様ツアー体験レポート

    昔から海外に行く時は、いつもお世話になっているトラベルエージェントでエアーチケットをとってもらい、ホテルは自分で手配し、行先のチケットも全て自分でとってから出か…

  • 忘れられない夏、トトロの世界のような思い出

    今日は久しぶりにいとこが埼玉県深谷市から遊びにきました。 私より4歳年上のいとこは3姉妹の三女で、上の二人の姉とはかなり歳が離れています。 幼稚園生から小学校4…

  • クッキーのような石鹸!展示会で一目ぼれした海外グッズ

    昔は展示会の会場では写真を撮るとカメラを取り上げられましたが、今は誰でも携帯電話で気軽に撮影できます。 私も良いものがあれば、気兼ねなく写真を撮るようにしていま…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。