はじめてのみかん狩りレポート

2021.11.26 Fri

昨年、2度に渡る左足の骨折を経験しました。
1度目は左足の脛(すね)、2度目は左足の下駄骨折です。
今も普通に歩いているように見えるものの、その後遺症はまだ残っています。
左膝のあたりの感覚が頼りなく、左足の外側と踵(かかと)のあたりの感覚も遠くて、靴を履いた時に踵が入っていないことすらあります。

理学療法士の先生やパーソナルトレーニングの先生たちの助けもあって、かなりよくなってきたところで、緊急事態宣言も解除。
「どこかに出かけたい!」と思っていたら、娘からみかん狩りのお誘いがありました。
数年前までは、毎秋りんご狩りをしに赤城山に出かけていましたが、みかん狩りは生まれてこの方一度も行ったことがありません。
「ここで断ったらまた誘ってもらえないかもしれない」
と思い、文化の日にみかん狩りに参加しました。

榛名山に向かう途中の箕郷町(みさとまち)に『ブルーベリーの丘』、別名『みかんの丘』があり、高崎市が一望できます。
晴れていてとても気持ちの良い日でしたが、りんご狩りとは違って、みかんの木は平地には植えられておらず、すごい急斜面で驚きました。
足の後遺症が残る私にとって急斜面を降りるのは怖く、ハラハラドキドキです。

遠足のグループも多く、ペット連れの家族や子供づれの家族で賑わっていて、
「私も怖がってばかりいてはいけない!」
と思い、恐る恐る斜面を降りました。
どの木のみかんが美味しいかなど全く分かりませんから、オレンジ色が美しく、皮が柔らかいみかんを探して、バケツとハサミを持って歩きます。

そして2キロほどのみかんを収穫し、普段はこんなに食べないというくらいの量のみかんを食べました。
「これが美味しいよ」「こっちの方が甘いよ」とみかんを分かち合う楽しみ。
『こんなことしたのいつが最後かな?』と思いつつ、楽しくてほっこりする時間でした。

関連記事

  • 初めてのお一人様ツアー体験レポート

    昔から海外に行く時は、いつもお世話になっているトラベルエージェントでエアーチケットをとってもらい、ホテルは自分で手配し、行先のチケットも全て自分でとってから出か…

  • 忘れられない夏、トトロの世界のような思い出

    今日は久しぶりにいとこが埼玉県深谷市から遊びにきました。 私より4歳年上のいとこは3姉妹の三女で、上の二人の姉とはかなり歳が離れています。 幼稚園生から小学校4…

  • クッキーのような石鹸!展示会で一目ぼれした海外グッズ

    昔は展示会の会場では写真を撮るとカメラを取り上げられましたが、今は誰でも携帯電話で気軽に撮影できます。 私も良いものがあれば、気兼ねなく写真を撮るようにしていま…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。