プレゼント当選率が上がる!抽選ハガキの書き方

2021.08.18 Wed

先日朝日新聞様のプレゼント企画に弊社の『Flatyzフラットキャンドル』が選ばれ、2枚セットのキャンドルを5名の当選者さまにプレゼントすることに。
5名の当選者に対して、応募ハガキの総数は852枚!
昨今の「新聞離れ」の噂など信じられない反響でした。

いっとき友達が懸賞にハマり、いっしょに『どうやったら懸賞で当たるか?』を検証しようと、毎週応募ハガキを5枚づつ送っていた時期があります。
ハガキの書き方のポイントとして
「とにかく目立つように葉書を書いた方が、当たる確率が高い」
という話を聞いてきて、マーカーセットを購入したり、シールを買って葉書に貼ったりと、工夫するようになりました。
それから確かに当たる確率が上がり、半年間それを続けてみた結果、折り畳み自転車、ポッキーの新しい味の詰め合わせ、きのこの山の詰め合わせ、青森のりんごとリンゴジュースのセットなどなど、本当にたくさんの賞品が当たりました。

今回は120枚オーバーの懸賞用ハガキを書いたことのある私が、応募ハガキ852枚の中から、担当スタッフのYちゃんと一緒に5名の当選者を選ぶことになりました。
やはり目立つハガキはどうしても選びたくなる心理がよくわかりました。

Yちゃんが持っているハガキのうち一枚だけは、目をつぶって選んだもの。比較的シンプルです。

それ以外はやはり目立つハガキや、毎日会社に届けられるハガキを選びました。
一枚一枚見ていたYちゃんには、複数枚の応募をしてくださった方が印象に残ったよう。
みなさんもぜひこのポイント踏まえて、プレゼント応募してみてはいかがでしょうか?

 

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • 年に1回ワクワクする「カウントダウンメッセージ」

    カナダの友人Georgina Hunt は、毎年12月になると1日からクリスマスまで毎日ひとつづつカウントダウンメッセージを友達全員に送っています。 その年ごと…

  • 貴重で美しい!フィンランドの雪景色

    寒い寒いフィンランドの友達から、朝のフィンランドの様子が送られてきました。 キレイに晴れていて、とても貴重なフィンランドの雪景色です。 というのも、フィンランド…

  • はじめてのみかん狩りレポート

    昨年、2度に渡る左足の骨折を経験しました。 1度目は左足の脛(すね)、2度目は左足の下駄骨折です。 今も普通に歩いているように見えるものの、その後遺症はまだ残っ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。