海外旅行で出会った砂漠の絶景

2021.05.26 Wed

今まで年に何回も海外へ出かけていた私は、これほど長い間、国内に留まっていたことはありません。
最近ワクチンが普及しだしましたが、友人の中には危険性を疑って後ろ向きな意見を持っている人もいます。
でも私の場合、この状況が長く続くのは死活問題なので
「予防接種を早く済ませて、海外へ行きたい!」
と強く思いつつ、海外旅行の写真を見返していました。

サハラ砂漠に朝日が登る様子を納めたこの写真は、当時の肌寒い砂漠の空気と風を思い出させてくれます。
ベドウインのおじさんがあてがってくれたラクダに揺られ、40分ほど歩いて朝日が綺麗に見える場所まで移動し、太陽が登るのをじっと待っていた時のショットです。

太陽が登ってくると、即気温が上がり始めます。
暑くなりすぎないうちにまたラクダに乗って列をなしてホテルまで戻るときのショットです。

このときのことは感覚的にはすごく身近に思い出せるのに、時間軸的にはものすごく昔のことのように感じるから不思議です。
しばし写真を眺めながら、思い出に浸った雨の1日でした。

 

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • 年に1回ワクワクする「カウントダウンメッセージ」

    カナダの友人Georgina Hunt は、毎年12月になると1日からクリスマスまで毎日ひとつづつカウントダウンメッセージを友達全員に送っています。 その年ごと…

  • 貴重で美しい!フィンランドの雪景色

    寒い寒いフィンランドの友達から、朝のフィンランドの様子が送られてきました。 キレイに晴れていて、とても貴重なフィンランドの雪景色です。 というのも、フィンランド…

  • はじめてのみかん狩りレポート

    昨年、2度に渡る左足の骨折を経験しました。 1度目は左足の脛(すね)、2度目は左足の下駄骨折です。 今も普通に歩いているように見えるものの、その後遺症はまだ残っ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。