Withコロナ時代のメイクとは?

2020.08.05 Wed

通販の仕事をしていると、購買の変化を感じます。
コロナは化粧品業界と美容業界にとても大きな影響を与えています。

「With コロナ」の生活では、マスクは私たちの必須アイテムになり、都知事も毎回異なったハンドメイドのマスクをしてカメラの前に立っています。
女性はほぼ1日中、マスクで顔の半分が覆われている状態です。
メークアップで重要なのはマスクに覆われない目元で、アイブロウ、アイライン、アイシャドウ、まつ毛関連商品などの売り上げがアップしました。

それに対して、ファンデーション、口紅などは、マスクの下に隠れてしまう部分の化粧品の売り上げは著しく落ちたそうです。
マスクをしていると擦れてしまったり、マスクを汚す原因になったり、見えなかったりするため、あまり重要ではなくなったからです。

またおもしろいのが、高級な美容グッズが売れているということです。
エステにも行けない、買い物もできない、ネイルサロンにも行けないとなると、おうちでできる美容グッズが注目されます。
「買い物にも行けない、お食事にも行けない。であれば、何か自分へのご褒美に高いものを買ってしまおう!」
とリベンジ消費が起きているようです。
(リベンジ消費とは、コロナにより外出を制限されて不要不急の買い物を我慢してきた人々の購買意欲が爆発的に高まって起きる爆買いのことです)

コロナの影響は色々なところに出ていますね。

関連記事

  • 東京から約1時間!美しく荘厳な「高崎白衣大観音」

    改めまして、新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いします。 2023年も北欧文化、そしてwell-being について衣食住学遊の側面…

  • オーストラリアの「やさしさ」を感じる風景

    先月、おそらく6年ぶりにオーストラリアへ行きました。 初めてジェトロの輸入専門家として派遣されて訪れた時から、この地の不思議な魅力に魅せられて、今回は家族と一緒…

  • 初めてのお一人様ツアー体験レポート

    昔から海外に行く時は、いつもお世話になっているトラベルエージェントでエアーチケットをとってもらい、ホテルは自分で手配し、行先のチケットも全て自分でとってから出か…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。