ナポレオンが宿泊したドイツの名所がすばらしかった話

2020.02.28 Fri

ジェトロの輸入専門家だった時から何十回もドイツに来ていますが、ほとんど空港、ホテル、展示会場の行き来で終わります。
ドレスデン、ミュンヘン、ベルリン、フランクフルトと多くの都市を回っているものの、展示会は1~2月の寒い時期に開催され、お天気はいつも曇りや雨。
1月にハイムテキスタイルに行った時も、晴れた日は1日だけで、そのほかはどんよりとしたドイツらしいお天気でした。

ところが、今回はものすごく良いお天気に恵まれました。
先週まで雨が多く川の水位は高かったものの、綺麗な青空。半日ほど美しい郊外を楽しめました。

ドイツといえば白ワインが有名です。
ヴュルツブルグの大司教様が住んでいた素晴らしい建物を訪れると、斜面は全て葡萄畑でした。
冬なのでぶどうの樹は寒々としていましたが、夏はきっととても綺麗なのでしょう。

ここはナポレオンが宿泊をし、その美しさを絶賛したヴュルツブルグレジデンスのエントランスホール。
ため息が出るほど素晴らしい建造物で、フランクフルト市内からちょっと足をのばすだけで素敵な南ドイツを楽しむことができました。

寒くても、澄み切った空気と青い空が広がっていると、どことなく道ゆく人々の足取りも軽くなります。
これからは少しこうした時間を楽しみたいと思っています。

関連記事

  • 何もしないゴールデンウィークの楽しみ方

    みなさんは、春がお好きですか? 私は春の夕暮れが大好きです。 日本の春はまだ湿気もさほどなく、気温もちょっと風が吹くと肌寒いくらいで、夕焼けが綺麗。 デンマーク…

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。