私が尊敬して止まない人

2020.02.11 Tue

私が尊敬して止まない人、それは清水ナオミさん。
彼女の名前をとって、長女には直巳という名前をつけたくらいです。

カナダのブリティッシュコロンビア州、ヴァンクーヴァー在住で、カナダに留学したときに本当にお世話になりました。
負けず嫌いで、頑張り屋で、とにかく人を喜ばせることが大好き!
そんな彼女とのお付き合いは35年以上になります。

1月5日、彼女の一人娘であるJoanneから
「芳子、とうとう88歳になりました」
とLINEのメッセージが届きました。
写真には、私がプレゼントしたアイテムが並んでいます。

まず、彼女がJoanneと一緒に来日した際にプレゼントした藍染のバック。
「これ私の一番好きな色よ」
ととても気に入り、喜んでくれました。

彼女の横の小さなお人形は、私が昔アメリカから輸入したもの。
ご主人を亡くしたばかりだったナオミさんと独身のJoanneに、それぞれプレゼントしたところ、とても喜んでもらいました。
本物の赤ちゃんに近いルックスで、AnnとDavidと名づけて可愛がってくれています。

ナオミさんは折に触れて電話をくれます。他愛ない話をした後は、必ず
「芳子、私はいつもあなたと一緒よ。いつも私があなたの後ろにいると思ってちょうだい。何があっても応援しているから」
と言ってくれます。

そんな言葉をかけてくれる友達がいることは、私にとって大きな大きな宝です。
心の師とも思える友人をつくれば、人生がとても豊かになりますよ。

関連記事

  • 何もしないゴールデンウィークの楽しみ方

    みなさんは、春がお好きですか? 私は春の夕暮れが大好きです。 日本の春はまだ湿気もさほどなく、気温もちょっと風が吹くと肌寒いくらいで、夕焼けが綺麗。 デンマーク…

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。