北欧のエッセンスが詰まった「毎日つけたくなる」家計簿

2019.12.27 Fri

現在発売されている雑誌『ESSE』2020年新年特大号の家計簿は、なんと北欧風!
デザインは、スウエーデンの人気のアーティスト、リサ・ラーソンさん。
私も「北欧の知恵に学ぶ暮らしのヒント」の監修を担当しました。

昔はよく家計簿をつけていましたが、いつの日からかつけなくなっていました。
ところが今年の秋口に、ESSEの担当の方から、2020年の家計簿を北欧風にするプロジェクトのお話をいただきました。

1月は『家族の温もりを感じるヒュッゲ』
2月は『サラダボウルでクロッカスを』(球根の寄せ植えについて)
3月は『ものは少ない方が暮らしやすい』(デンマークのミニマリズムについて)
4月は『非日常を楽しむ気軽なピクニック』(生活のちょっとした楽しみ方)
5月は『時にはスマホから離れて』(リアルの時間を100%楽しむコツについて)
6月は『フィーかと手軽な自家製ジャム』(スウエーデンの楽しい食文化について)
7月は『風の音色を楽しむ』(ウインドチャイムについて)
8月は『お気に入りのイスでマイスペース』
9月は『自分より年上のもの』(ヨーロッパのことわざ)
10月は『大人同士で読み聞かせ』
11月は『キャンドルの光に安らぐ』
12月は『ホットワインが香るパーティー』
というトピックです。

このESSEの家計簿にはとっても多くのアイディアが詰まっています。
医療費領収書ポケットまでついていて、医療費控除のために必要なレシート類をなくさない工夫から、貯蓄の目標や年間の決まった支出の把握など、今まで家計簿をつけていなかった人でも簡単に使えそうなもの。
とても親切な家計簿です。
しかもそれぞれのページの一番下には風水アドバイスが載っていますから、ページをめくるのが楽しくなります。

私も「家計簿をつけてみようかな」と思える素敵な仕上がりです。
ぜひ新年を迎える前にゲットして、来年のお金の管理に生かしてはいかがでしょうか?
とってもおすすめです!

気になる方はぜひこちらからご購入ください。

関連記事

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

  • 北欧旅行で心奪われたヒュッゲなお茶会

    コロナの感染状況の悪化から、Go to travelやGo to eatのキャンペーンに制限が出てきた三連休は、机周りの大掃除に専念しました。 机周りの大掃除に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。