一生に一度は訪れたい「青の街」シャウエン

2019.10.31 Thu

『青の街』の写真は、ほとんどの人が見たことがあるのではないでしょうか。
ただ、それがどこにあるかは知らない人が多いと思います。

私自身、今回のモロッコへの旅で初めて『青の街』がシャウエンだと知りました。
スペインからはジブラルダル海峡を挟んでわずか15kmの距離にある北アフリカの街です。

その昔、スペインを追われたイスラム教徒たちがこの辺りに住み着き、イスラムの神聖な色である青を街のいたるところに塗るようになったというのが有力な説です。
400年以上も異教徒の立ち入りを受け入れなかったことでも有名で、たくさんの神秘が残されています。

この街の建物や道路などを青く塗るのはイスラム女性の仕事だそう。
お祭りや記念事業のある時に、女性たちが一生懸命に街を青く美しく塗り上げていくのだとか。

たくさんのカーブを通り抜けてたどり着いたシャウエン。
バスに揺られて珍しく車酔いしてしまいましたが、この青い街の中を探索するうちにだんだんと元気になっていきました。
感動するほど美しく、一生のうち一度は訪れたい場所です。

関連記事

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

  • 北欧旅行で心奪われたヒュッゲなお茶会

    コロナの感染状況の悪化から、Go to travelやGo to eatのキャンペーンに制限が出てきた三連休は、机周りの大掃除に専念しました。 机周りの大掃除に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。