ハリウッド映画とモロッコ

2019.10.26 Sat

モロッコがハリウッド映画のロケ地として使用されてきたことは知っていましたが、今回の旅行で初めてアイト・ベン・ハドウを訪れ、改めてモロッコに興味を抱きました。

モロッコで撮影された名作は数多くあり、1962年の『アラビアのロレンス』もとても有名ですが、1999年には『ハムナプトラ』、2000年には『グラディエーター』、2006年には『バベル』などが発表されています。

ロケ地に選ばれる大きな理由は、電線がなく、地形がチベットにも似ているためらしいです。
通訳によるとダライ・ラマの映画制作時には、中国からエキストラを数百人もモロッコまで連れてきて、エキストラも民泊をしながら映画のロケに臨んだとのこと。

私が宿泊したホテルにはブラッド・ピットやニコール・キッドマンが宿泊したと聞きました。
映画で使用された小道具が残されていたので、友人と二人でその小道具に座って写真を撮っていただきました。

このサハラ砂漠の玄関口に位置するアイド・ベン・ハドウは、1987年には世界遺産に登録されている大きな城塞都市です。


提供元:モロッコ王国大使館(http://www.morocco-emba.jp/)

映画好きの方は、モロッコ旅行もおすすめです!

関連記事

  • 初めてのお一人様ツアー体験レポート

    昔から海外に行く時は、いつもお世話になっているトラベルエージェントでエアーチケットをとってもらい、ホテルは自分で手配し、行先のチケットも全て自分でとってから出か…

  • 忘れられない夏、トトロの世界のような思い出

    今日は久しぶりにいとこが埼玉県深谷市から遊びにきました。 私より4歳年上のいとこは3姉妹の三女で、上の二人の姉とはかなり歳が離れています。 幼稚園生から小学校4…

  • クッキーのような石鹸!展示会で一目ぼれした海外グッズ

    昔は展示会の会場では写真を撮るとカメラを取り上げられましたが、今は誰でも携帯電話で気軽に撮影できます。 私も良いものがあれば、気兼ねなく写真を撮るようにしていま…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。