ハリウッド映画とモロッコ

2019.10.26 Sat

モロッコがハリウッド映画のロケ地として使用されてきたことは知っていましたが、今回の旅行で初めてアイト・ベン・ハドウを訪れ、改めてモロッコに興味を抱きました。

モロッコで撮影された名作は数多くあり、1962年の『アラビアのロレンス』もとても有名ですが、1999年には『ハムナプトラ』、2000年には『グラディエーター』、2006年には『バベル』などが発表されています。

ロケ地に選ばれる大きな理由は、電線がなく、地形がチベットにも似ているためらしいです。
通訳によるとダライ・ラマの映画制作時には、中国からエキストラを数百人もモロッコまで連れてきて、エキストラも民泊をしながら映画のロケに臨んだとのこと。

私が宿泊したホテルにはブラッド・ピットやニコール・キッドマンが宿泊したと聞きました。
映画で使用された小道具が残されていたので、友人と二人でその小道具に座って写真を撮っていただきました。

このサハラ砂漠の玄関口に位置するアイド・ベン・ハドウは、1987年には世界遺産に登録されている大きな城塞都市です。


提供元:モロッコ王国大使館(http://www.morocco-emba.jp/)

映画好きの方は、モロッコ旅行もおすすめです!

関連記事

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

  • 北欧旅行で心奪われたヒュッゲなお茶会

    コロナの感染状況の悪化から、Go to travelやGo to eatのキャンペーンに制限が出てきた三連休は、机周りの大掃除に専念しました。 机周りの大掃除に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。