秋になると思い出す祖母の後ろ姿

2019.10.05 Sat

秋の思い出といえば、祖母が柿をむいている後姿が思い浮かびます。

小さかった頃、大きい柿の木があるご近所の方が毎年渋柿をたくさん持ってきてくれたのです。
祖母は大きな袋から一つずつ柿を取り出して丁寧に拭き、陽の暖かい縁側に座って一生懸命むいていました。
生米の中に入れて10日ほど経つと、渋かった柿がとっても甘くなります。
とても美味しくなり、まるで魔法のようでした。

焼酎を吹きかけて置いておくと、こちらもまた渋みが取れて美味しいのです。
ただ、熟すのをかなり待った覚えがあります。
柿の中はゼリー状になって、トロンとしてとても柔らかくなっていました。

それ以外の柿は一つづつ軒下に下げ、干し柿にしていました。
手間のかかる作業でしたが、祖母は根気よく干し柿作りをしていました。

先日いつも行くりんご園に行った時に、りんご園の方が一生懸命に干し柿を作っていて、とても懐かしい気持ちになりました。

関連記事

  • おいしくヘルシーな北欧料理のすすめ

    スウエーデンやデンマークは、北米に比べてスレンダーな人たちが多いと感じます。 食事でも白いパンは少なく、食物繊維が多く含まれたパン類がメイン。 高たんぱく低脂質…

  • 涼しくおいしい!夏のサラダレシピ2選

    忙しい毎日を送っていると、ついついお料理の手を抜いてしまいませんか? しかもこう暑い毎日だと火を使いたくありません。 今日は少し涼しげなお料理を2つ作りましたの…

  • 日本人が驚く『海外のメロン事情』

    海外でいつも驚くのが、メロンの種類の多さです。 日本では高級品というイメージですが、海外だともう少しカジュアルな存在で、BBQや持ち寄りパーティー、ブッフェやバ…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。