デンマークのいつもと違う夏

2019.08.21 Wed

「今までデンマークには累計で何回来たのだろう?」
ふとデンマークのアマリエンボー城の横を通りながら思いました。

いつもは寒い時期の1月とか2月頃デンマークを訪れることが多いです。
5月にデンマークを訪れたことが2~3回、7月に訪れたことは1回ほど。
夏のデンマークに出会うのは2回目です。

通常、デンマークの夏はさほど暑くもなく、雨が長く続きます。
気分が滅入るようなことも多々あるそう。

ところが今回、空は真っ青で気温は32度を超え、とにかく直射日光が強かったです。
ただ日本とは違って乾燥しているので、日陰に入るとしのぎやすいのが特徴です。
おなじみの町並みを歩いていても、あまりの暑さに、すぐに傘の下に入って休みたくなります。

異常気象の影響だと人々は口々に言っていますが、北欧の人たちは日光に当たりたくて、真っ赤に肌が焼けても太陽の下にいようとします。
矛盾しているように感じますがそれだけ特別なのでしょう。

室内があまり暑くならないということは、逆をいうと、冷房装置があまり整備されていないということ。
風のある屋外のほうがまだしのぎやすいというのも皮肉です。

私はと言うと、久しぶりのマッスル(ムール貝)を食べて食欲を刺激しました。
海外に行って気候の違いを考えるのもまた一興です。

【お知らせ】
東京都における、新型コロナウイルスの急激な新規感染者の増加状況に鑑み、
残念ながら、2022年1月10日(祝)のお茶会は延期することにいたしました。
また落ち着きましたら、改めて開催させて頂きたく思います。

関連記事

  • 貴重で美しい!フィンランドの雪景色

    寒い寒いフィンランドの友達から、朝のフィンランドの様子が送られてきました。 キレイに晴れていて、とても貴重なフィンランドの雪景色です。 というのも、フィンランド…

  • はじめてのみかん狩りレポート

    昨年、2度に渡る左足の骨折を経験しました。 1度目は左足の脛(すね)、2度目は左足の下駄骨折です。 今も普通に歩いているように見えるものの、その後遺症はまだ残っ…

  • キャンプ場の奥にある素敵なコッテージ

    *こちらの記事は数ヶ月前に執筆したものです。当時群馬県では緊急事態宣言は解除されておりましたが、他県の情勢を考慮して公開を控えておりました。 先日、スタッフと一…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。