今の時代に手書きで手紙を送る幸せ

2019.06.05 Wed

近年はインターネットによるコミュニケーション手段が発達し、用事があればメールで済ませ、年賀状もSNSで手軽に送れるようになりました。
昨年、カナダに行ったとき、義理の兄がこんなことを言っていたのを思い出します。
「最近は郵便を送る人が少なくなってきて、メイルマン(郵便物を届ける人)のカットバックが進んでいる。近い将来、郵便物はなくなると思うよ。」
私が「そうなったら、ものを送りたいときはどうするのかしら?」と言うと、「UPSやDHLがあるからね」と。

ただ、生活がとても便利になった反面、風情が失われてしまった気がするのは私だけでしょうか?

しかも、メールでのやりとりが増えたことで、漢字が書けなくなることも多くなりました。
文字を書く機会が減り、“読めるけれど書けない”という経験は、みなさんにもあることと思います。

そこで私は、折に触れて手紙を書くようにしています。

スタッフの誕生日カードは、必ず自分の手で書いて郵便で送ります。
相手のことを思い浮かべながらメッセージをしたためるのは、とても楽しくて満たされた時間です。
また、年賀状もできるだけプリントせず、自分で書くようにしています。
一昨年は、一枚一枚に筆でご挨拶と笑い絵文字を書きました。

そんな筆まめな私が見つけたのが、この素敵な便箋です。

「100枚レターブック」というもので、インテリアショップ・アルトで見つけました。
4種類ほどの中から私が選んだのは、「Liberty Print 100 Writing and Crafting Papers」。
さっそくこの美しい便箋で、お友達にお手紙をしたためたところです。

みなさんも、たまにはお気に入りの便箋とペンで、大切な人に心のこもったメッセージを送ってみませんか?

関連記事

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

  • 北欧旅行で心奪われたヒュッゲなお茶会

    コロナの感染状況の悪化から、Go to travelやGo to eatのキャンペーンに制限が出てきた三連休は、机周りの大掃除に専念しました。 机周りの大掃除に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。