人の心を動かすお便り

2018.12.01 Sat

今年の秋、素敵な素敵なお手紙をいただきました。
あまりに素敵で、とても封に戻せず、机の上に広げてあります。

一緒にアフリカに旅行した新貝さんが描いてくださったものです。
秋にぴったりな栗の木の絵が綺麗に描かれた和紙にしたためられています。

昨年の秋には、笑い絵文字をワークショップで学び、その笑い絵文字で年賀状をすべて手書きにした私。
新貝さんのような素敵な絵が描けたら・・・・なんて、密かに想いを馳せました。

そろそろ年賀状の季節。
心を込めた手描きの手紙を書くのも楽しいものです。

関連記事

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

  • 北欧旅行で心奪われたヒュッゲなお茶会

    コロナの感染状況の悪化から、Go to travelやGo to eatのキャンペーンに制限が出てきた三連休は、机周りの大掃除に専念しました。 机周りの大掃除に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。