アフリカ・ケニアの世界一ヒュッゲな朝食

2018.11.10 Sat

北米に8年半生活をし、ここ15年ほどはヨーロッパや中国とのやり取りが増えました。
そんな私にとって、リフレッシュする休暇でどこに行くかはとても大切。

しばらくダイビング中心で、ニューカレドニア、ハワイ、モルディブなど海の近くに興味を持っていましたが、最近もっともっとちがう世界を見てみたいと感じ始めました。

どこに行きたいのかリストアップすると、イースター島、マチュピチュ、キューバ、南アフリカ、モロッコ、タスマニア、アイスランド、エジプトなど沢山あります。

すでにタスマニアなどは行ったことがありますが、もっとゆったりと旅行をしたいと思っています。

昨年は南アフリカ共和国、そしてブルートレインに乗って、ボツワナやジンバブエに行きました。
素晴らしい自然に圧倒されるとともに、みたことのないような植物や地形にも感動しました。

そして今年はケニアに行ってきました。
ケニアでの様々なイベントは、ヒュッゲが沢山詰まったもの。
ブッシュブレックファーストという朝食イベントでは、ライオンが比較的少なく、カバが沢山生息する安全な場所にホテルのスタッフが先回りし、そこで朝食を作って、私たちを待ってくれているのです。

そんな場所でいただく朝食は、食事が美味しいとかまずいといった次元を超えていました。
とにかくアフリカの大自然の中で真っ白のリネンをしいたテーブルで、ゆったりと食事ができるなんて、これ以上ない贅沢です。
ヨーロッパ文化が深く残っているアフリカですが、とっても素敵なブッシュブレックファーストを楽しみました。

ヒュッゲな生活を体験したい方は、ぜひケニアの大自然で朝食をいただいてはいかがでしょうか。

関連記事

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

  • 北欧旅行で心奪われたヒュッゲなお茶会

    コロナの感染状況の悪化から、Go to travelやGo to eatのキャンペーンに制限が出てきた三連休は、机周りの大掃除に専念しました。 机周りの大掃除に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。