カナダにあるヒュッゲな「小さな図書館」

2018.06.06 Wed

グランヴィルアイランドというバンクーバー近くの素敵なショッピングエリアは、エミリー・カーという美術専門の大学があり、アーティストショップや新鮮な野菜やシーフードのマーケットもあり、カナダに在住中はよく遊びに行ったものです。

4年ぶりに訪れたカナダ。
どうしても行って見たくてグランヴィルアイランドまで車を走らせました。

マーケットでランチをしてアーティストショップをのぞき、ふと駐車場まで歩いている時に見つけたのが、このLittle Free Library.
つまり、『小さな図書館』です。
誰でも自由に好きな本を借りることができるというもの。
誰とはなく本を借りて、誰とはなく本を戻し、時には自分で不要になった本をそこに寄贈する。
新旧のアートに関する本が多かったイメージですが、なんて素敵なコンセプトなんだろうと思いました。

こんな素敵なLittle Free Libraryが、日本にもあったらいいな〜と思いました。
とってもヒュッゲな雰囲気で、思わずカメラに収めました。

関連記事

  • 初めてのお一人様ツアー体験レポート

    昔から海外に行く時は、いつもお世話になっているトラベルエージェントでエアーチケットをとってもらい、ホテルは自分で手配し、行先のチケットも全て自分でとってから出か…

  • 忘れられない夏、トトロの世界のような思い出

    今日は久しぶりにいとこが埼玉県深谷市から遊びにきました。 私より4歳年上のいとこは3姉妹の三女で、上の二人の姉とはかなり歳が離れています。 幼稚園生から小学校4…

  • クッキーのような石鹸!展示会で一目ぼれした海外グッズ

    昔は展示会の会場では写真を撮るとカメラを取り上げられましたが、今は誰でも携帯電話で気軽に撮影できます。 私も良いものがあれば、気兼ねなく写真を撮るようにしていま…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。