海外の空港で必ずチェックするべきものとは

2018.02.24 Sat

私は仕事柄、いろいろな空港を利用します。

ヨーロッパで一番多く使う空港は多分ドイツのフランクフルト空港です。
航空運賃を安く抑えたい時には、オランダのスキポール空港やデンマークのコペンハーゲンの空港を利用します。

北米での生活が長かったので、アメリカの空港だとニューヨーク、シカゴ、デンバー、ミニアポリス、シアトル、クリーブランドなどを多く利用しました。

また、ハブ空港として便利なのがシンガポールのチャンギ空港。ショッピングエリアも充実していて、綺麗な空港です。モルジブにダイビングに行く時には必ずここで乗り換えをしました。

変わった空港といえば、アフリカのジンバブエの空港やボツワナの空港も利用したことがあります。
意外にも近代的で美しく、整備された空港だったので驚きました。

ただ、どの空港でもサイン板さえきちんと見ていれば大丈夫。
ほとんど迷うことなく空港内の目的の場所にたどり着けるので、素晴らしいと思います。

以前ラジオで、女性用、男性用のトイレのマークなどを考え出したのが日本であったという話を聞いたことがあります。
確か群馬県の公共建物がその始まりだったと記憶しています。

世界の様々な空港の基本的なグローバルルールを一体誰が企画しているのでしょう?
リサーチして見たいと思う今日この頃です。

関連記事

  • 海外に根付く意外な桜文化

    今までは東京への出張が週に2~3回あり、桜の時期になると上越新幹線から上野駅到着寸前に見事な桜を目にしました。 ところがコロナ禍になり多くのミーティングがzoo…

  • コロナ疲れを癒してくれた「TeamLab Planets TOKYO」

    しばらく前にお台場に宿泊した際、TeamLab Planets TOKYO に行きました。 会場入り口前で説明を受け、暗い会場の入り口を入るといくつかのルートが…

  • 北欧旅行で心奪われたヒュッゲなお茶会

    コロナの感染状況の悪化から、Go to travelやGo to eatのキャンペーンに制限が出てきた三連休は、机周りの大掃除に専念しました。 机周りの大掃除に…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。