海外の空港で必ずチェックするべきものとは

2018.02.24 Sat

私は仕事柄、いろいろな空港を利用します。

ヨーロッパで一番多く使う空港は多分ドイツのフランクフルト空港です。
航空運賃を安く抑えたい時には、オランダのスキポール空港やデンマークのコペンハーゲンの空港を利用します。

北米での生活が長かったので、アメリカの空港だとニューヨーク、シカゴ、デンバー、ミニアポリス、シアトル、クリーブランドなどを多く利用しました。

また、ハブ空港として便利なのがシンガポールのチャンギ空港。ショッピングエリアも充実していて、綺麗な空港です。モルジブにダイビングに行く時には必ずここで乗り換えをしました。

変わった空港といえば、アフリカのジンバブエの空港やボツワナの空港も利用したことがあります。
意外にも近代的で美しく、整備された空港だったので驚きました。

ただ、どの空港でもサイン板さえきちんと見ていれば大丈夫。
ほとんど迷うことなく空港内の目的の場所にたどり着けるので、素晴らしいと思います。

以前ラジオで、女性用、男性用のトイレのマークなどを考え出したのが日本であったという話を聞いたことがあります。
確か群馬県の公共建物がその始まりだったと記憶しています。

世界の様々な空港の基本的なグローバルルールを一体誰が企画しているのでしょう?
リサーチして見たいと思う今日この頃です。

関連記事

  • 友達との夕食会を定期的に開いている理由

    お友達とのたまの夕食会はいつも楽しく、毎回ずいぶん前から「何を作ろうかな?」とプランニングします。 前回は私がメキシコから戻ったばかりだったので、タコスやエンチ…

  • ふるさと納税の返礼品で届いたフリージア

    時間がある時にふるさと納税のページをみたりしますが、最近のふるさと納税で素敵だな〜と思ったのがフリージアの花の返礼品でした。 利根町の返礼品で送られてきたのが、…

  • 子育て後に再熱する女子会の楽しさ

    カナダ人と結婚してカナダに住んでいた時、 「誕生日やクリスマスは、家族で過ごす大切な時間」 という考えをかなり刷り込まれました。 子供が生まれてからも、とにかく…

芳子ビューエル公式Facebookページ

北欧流ライフプロデュース術を発信していきます。
「いいね!」をお願いいたします。